読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

日常からの逃避とわたしと世界の約束

 母さん、逃避です! 逃避だよ!全員集合!!!とおいとおひとおひとおひ! 熱を帯びた皮膚の略ですか。頭皮の当否ですか。問う日ですか。それとも全部ですか。ひりつくような皮膚のただれはアスファルトの足裏よりも熱くはなかった。冬に夏のことを考えてもまったく夏のことを思い出せずにいます。この数ヶ月後にあほみたいに暑くなって、空とかアホみたいに青くなって、今だって青いけれど、冬の空気のきれいななかでの透明な青さと夏の頭の悪い青さは透明度がぜんぜんちがって、クレヨンで塗りつぶした青と、プレパラートに透かして見上げた空の青さが違うように、空気の質だって色の要素だと思うのだ。まあ、わたしがわちゃわちゃしている理由は火をみるよりも明らかでプレッシャーからのプレッシャーへの逃避であり、目の前のやるべきこと、TO DOに書き連ねながら、華麗にスルーしていることが原因なわけで、まあこういう態度や気分は生きていてなんどもなんども味わっているし、そうした焦燥感は喉元過ぎればなんとやらであり、過ぎ去ったあとになんかいい思い出になっていたりするし、そうやって、誰かに期待され、求められている証拠なのだから、それはそれでうれしいとか、誰かを困らせたり、待たせたりすることで、自分の価値を推し量ったりしてるんじゃないのか、とか、同時に思ったり、意地の悪い自分の性分に気づいたり、いやそうじゃなくて、必死でもこれしかできない、何かを試そうとかしていないんだけどなあ、とか言い訳じみた言葉がいくつも浮かびながら誤魔化すように日記を書いており、それはまったくなんの解決にもならないのはわかっているし、でも勝手に手がものすごいスピードでキーボードを叩いており、これはわたしが考えて書いているのか誰かに書かされているのかそれともそれは同時に起こっていることなのかわからなくなっていて、わからないまま、理解だけはしている状態がいまだ。わたしはこのあと近所の魚屋に行き、きのうから、水の中にどぶーん、って浸ってる、昆布の出汁を使って、ていねいに掃除をした白子を水から煮立たせ、自ら煮立たせ、水と己は鏡か、反響した自分の姿を水面に見るのか、煮立った自分を見直せるのか、わからないまま台所に立ち尽くして、豆腐も入れて、白鍋(白子と豆腐を塩で食べる)をつつきながら、焼酎をぐいと呑み干す未来が見えている。箸の上でつるつるとすべる白いすべらかななにか。羊の脳味噌にも似ている白い子の熱いなにか。口の中でぱちんとはじけて、広がるクリーミー。わたしは冬になればこればかり食べていたい。白はことしのラッキーカラーらしいですよ。わたしはそんな星占いを信じでみるほど、気持ちが穏やかだった。それは今月のはじめのはなし。それからずっと、きもちはきもちわるいくらいに穏やかだ。世界中が全部敵だと思っていたわたしが拠り所にしていたのはたぶん、ホワイトソース。食べられない、口に入れたくないよーって、思っても食べなければいけない、食べなければ、世界はわたしを受け入れてくれないのだーーーーって、脅されて口の中にぶち込まれた白い飯やら茶色いおかずやらで、わたしは黙って嘔吐した。次の瞬間、記憶は飛んでいて、幼稚園の水飲み場でわたしの足を洗っている、手ばかりを覚えていて、もう、無理矢理食べさしたりしないからと、わたしに謝っているような声を、たぶん聞いたのだと思う。そのときの空が何色だったのか今のわたしは思い出せずにいる。

 グラタンが好物だと言った。それはマカロニとホワイトソースと玉ねぎと鶏肉とチーズで、それはすべて火をとおしさえすれば、白くなる。クリィーミーマミの優ちゃんの好物はグラタンだと書いてあったが、ほかの本では違うと書いてあった。けっきょくは、クレープが好きなのか、グラタンが好きなのか、気持ちは揺れたままだ。お父さんとお母さんがクレープ屋だから、バターシュガーが好きだといったのか。いや、まて、まてよ? バターシュガーって、それもすべてが白色だ。焦げたクレープ生地を白といわず、茶色だと言い切るのなら間違いかもしれないが、わたしは透明と白色に焦がれている。クレープをよく食べていたのは小中学生の頃で、名古屋の地下街を歩き、そのまま歩ききると右側にレコード屋があった先に、噴水があって、その先に、矢場町の出口があった気がする。階段を上れば、パルコで。GOMESをもらうためだけにもそこには立ち寄らなければならなかった。父親と約束したのはそこから少し歩く。ジャズ喫茶YURIから一番近い、地下にある喫茶店で、いまはもう、寿やだか、山本屋本店の味噌煮込みうどん屋らしかった。ロッテリアが角にあったことなんて、みんな忘れている。そこには、小学三年生のわたしが封印されているし、母親のどうすればよかったのかわからないまま、歩き続け、誰にも相談せず、そのことで、突拍子もない、奇異な行動がなぞられた場所でもあった。わたしはその角のレコード屋で、町蔵のレコードに一瞥しながら、有頂天のCDを買ったのだが、クラフトワークのドイツ盤のレコードは高かったけれど、いまみたいにお酒や食べ物に使うお金を節約して、キャラメル一つでふつか間とか、電車賃節約で4時間歩くとか、メロンパンやクリームパンで、1日終えて、でも、お腹なんか空かなかったし、なにか食べたいとも思った記憶がまるでない。だから、わたしは不健康に痩せていたし、貧血で倒れてしまっていたんだ。それがかっこいいみたいに思っていたし。あれは中二女子病だ。他人からみたらわたしは語らなかったし、言葉にもしなかったし、誰ともつるまなかったし、親密にもならなかった。親密よりも一投速で、超えられる関係は違う次元で、反芻してみても、思い返してみても、いまでもずっと他人みたいで、なんであんなことができたのか、それが自分だったのか、他人が撮影したビデオテープみたいで、再生していても、そこに自分が生きている感じがまったくしない。あれは前世で、わたしのよくない行いはもうとうに砕け散っているのだろうと思うけれど、生々しく思い出す、中学生や小学生や幼稚園のわたしに欲情した体温。でも、田舎で、自転車の後ろに乗せられて何処までも連れて行ってくれた。あの、お兄さんはいま、どうしているのかなとか、思う。寸でのところで、諦めて手をつないだ別れの夕暮れ。それらは今のわたしではなく、かつてのわたしであって、その過去の自分は修正されたわたしである。いまのわたしが巻き戻して、もう一度繰り返す、わたしのすがたは、わたしではないわたしの成れの果てであり、それは、再生可能な、繰り返し誰かに見られることを良しとした自分の、認められたかったわたしのすがただろう。わたしがわたしに成りにいくのにはいくつもの困難が待ち構えている。おいしいごはん。おいしい食事。白く、プレパラートの中で、わたしはそれに名前をつけたい。

月刊Youtuber批評 「You酎ばーとらのまき」4巻目

f:id:amiyoshida:20170210103607j:plain

 

2/17 20時〜 ON AIR!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

www.youtube.com

 

toranoana-nomoo.com

第4巻 Youtuberって何ですか?

Youtubeに動画をアップしたら誰もがみんなYoutuber? 漠然とある、Youtuberの定義。何をもってYoutuberと呼ぶのか。YoutuberになりたくてYoutubeをはじめた人と
そうでない人、お金儲けたい、人気者になりたい、映像の発表の場、企業や地方のPR動画にMV、自分の日常を淡々と切り取るだけの人……。              
 今回は制作者の思惑をざっくりまとめながら、いわゆるYoutuberではない人たちのヤバイ動画をまったり紹介!また、『バイオハザード7』の実況動画比べコーナーや今月のYoutube界ニュース、これはヒドイ!動画の紹介もするよ!好きなことで生きていけ! 

 

第4回目の動画がアップされました!バイオハザード7やゲーム実況についてけっこう話しています。ノイズがちょっとのっていたり、画像が乱れている模様です。

www.youtube.com

 

第3回目の動画がアップされました!


月刊Youtuber批評 「You酎ばーとらのまき」

 

詳細は

toranoana-nomoo.com

ジャズメルカ!!!!!!!!!! vol.3

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/date/2017/02/10
http://animerca.blog117.fc2.com/blog-entry-65.html

 

f:id:amiyoshida:20170109194007j:plain

OPEN 18:30 / START 19:30
前売り¥2500/当日¥3000(要1オーダー500円以上)
※前売券はe+にて1/13(金)10時〜発売!!
ジャズメルカ!!!!!!!!!! vol.3
ファミリーマート店頭でもご購入頂けます】

出演:山本精一(ミュージシャン)、山本寛(アニメ監督)
MC:吉田アミ(音楽家)、高瀬司(Merca主宰)
JAZZ×アニメ=ジャズメルカ!!!!!!!!!!! のスピンオフ企画が始動!!!!
今回は「アニメと軽音楽・吹奏楽」を大特集!
ゲストには、 羅針盤ROVOなど多岐にわたるユニットで活躍中のミュージシ ャンにして、日常系アニメ好きでも知られる山本精一氏と、 アニメの演奏表現においてエポックメイキングだった伝説の「 ライブアライブ」の演出を手がけ、吹奏楽経験者として小説『 アインザッツ』を上梓してもいるアニメ監督の山本寛氏というW山 本氏をお迎えし、アニメと音楽を独自の切り口で語り倒します!!

※要1オーダー(500円以上)
※営利目的のチケットの転売は固くお断り致します。転売チケットは入場をお断りする場合もありますのでご注意ください。
※撮影・録音・録画などは禁止とさせていただきます。また、開場時の席取りはご遠慮ください。

 

 

3年ぶりとなる伝説の音楽×アニメのイベントが帰ってきた!というわけでひさびさにやりますよー。よろしくお願いします!

『ディジタル・ディスレクシア』の公演ダイジェスト動画をUPしました。


ディジタル・ディスレクシア

 

http://www.ootany.com/amiyoshio/

吉田アミ、か、大谷能生
文筆家/即興演奏家である男女が、書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み。

作・音楽・演出:吉田アミ+大谷能生
出演:岩渕貞太、有本ゆみこ(SINA SUIEN)、吉田アミ大谷能生
映像:斉藤洋平(rokapenis/VEJ)
衣装:有本ゆみこ(SINA SUIEN)
グリッチ映像:ucnv

公演日時:2015年8/14 ―― 開場 19:00 開始 19:30 アフタートーク有8/15 ―― 開場 15:30 開始 16:00 アフタートーク有――――開場 19:00 開始 19:30
8/16 ―― 開場 15:30 開始 16:00

<アフタートークゲスト>
◎8/14 19:30開始の回 桜井圭介さん(吾妻橋ダンスクロッシング オーガナイザー)
◎8/15 16:00開始の回 AMEPHONEさん

*EDITORY神保町にて公開稽古有(8/11 19:30~)
問い合わせ:美学校
http://bigakko.jp/event/2015/amiootani

場所:キッド・アイラック・アート・ホール
http://kidailack.co.jp/
〒156-0043 東京都世田谷区 松原2丁目43-11
Tel 03-3322-5564
京王線京王井の頭線明大前駅より徒歩2分


協力:前澤秀登、有田尚史、片山千鶴、たきぐちがめ、春田幸江、渡辺コウヘイ、桜井圭介、川口暁 他
写真:Hidemasa Miyake
制作:土屋光(HEADZ、SNAC)
デザイン:戸塚泰雄(nu)

主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:公益財団法人セゾン文化財団、アーツカウンシル東京 (公益財団法人東京都歴史文化財団

吉田アミ作・演出作『あしたのきょうだい』の動画をUPしました。


http://snac.in/?p=4319

 


あしたのきょうだい

2016年3月21日(月・祝)「ミニスキュル・シングス」

今公演のテーマのひとつは「プレイ」です。
立川貴一は演劇、吉田アミは音楽を背景に持ち、それぞれそこから創作を進め、
「プレイ」つまり「演じる」こと、「演奏する」ことの接触点を探ります。

また、公演自体の構造として、場所を選ばないもの、舞台空間を共有・連続して上演できるもの、という試みを行います。ぜひご来場ください。
企画:土屋光(HEADZ/SNAC)
<HR>
【公演情報】「ミニスキュル・シングス」

日程:3月21日(月・祝) 16:00開演 / 19:30開演&#8232;
※開演時間の20分前から受付・開場
※各回2作品上演

『おかにかお』
作・演出:立川貴一
音:滝沢朋恵
映像:石塚俊
演出助手:村田麗薫

『あしたのきょうだい』
作・演出・出演・音楽:吉田アミ
出演:張 祐寿、ほか

宣伝美術
絵:森本将平 デザイン:石塚俊

会場:神保町 試聴室(〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階 / http://shicho.org/

料金:
早期予約2,000円 ※3/14(日) 24時までのご予約
予約2,200円 当日2,500円
(+1ドリンクオーダー)

主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:公益財団法人セゾン文化財

//////////

出演者プロフィール

立川貴一
作家・パフォーマー。長毛の猫を飼っていたため、洋服についた猫の毛を取り除きながら10年間過ごすが、路頭に迷う。その後しばらく、飴屋法水作品に出演/参加。2013年、演劇公演『害虫』以降、舞台作品の持つ呼吸の底上げと、その可能性の模索を主軸に、活動。近年では、音楽ユニットju seiとの共作や、写真家・演出家の三野新作品、sons wo:作品などに出演。
自宅では餌付けした野良猫と、仲良く暮らしている。

吉田アミ
音楽・文筆・前衛家。1990年頃より音楽活動を開始。2003年にソロアルバム『虎鶫』をリリース。同年、Utah KawasakiとのユニットastrotwinとSachiko.MとのユニットcosmosのCD『astrotwin+cosmos』がアルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。文筆家としても活躍し、小説やレビュー・論考を発表。著書に『サマースプリング』(太田出版)、小説『雪ちゃんの言うことは絶対。』(講談社)がある。2015年、第19回『TOKYO ポエケット』に吉田アミ×虹釜太郎初の共著詩を発表。「吉田アミ、か、大谷能生」名義で朗読と音楽を中心にしたユニットでも活躍し、小説『Red;』(未発表)を元に初のオリジナル舞台作品『ディジタル・ディスレクシア』では作・音楽・演出を手がけた。2015年に大橋可也&ダンサーズの『テンペスト』では、大谷とともに出演、音楽提供をし、好評を博す。2016年、舞踏家の室伏鴻の追悼フェスティバル『ADX』にて、川口隆夫、岩渕貞太、大橋可也のダンサーを起用し、武満徹の『Voice』『Air』をバリトンサックスの吉田隆一と再解釈、編集し、新たな境地を開き、演出家としての第一歩を歩んだ。その、第二弾となる今回。たぶん、まだあまり、何も考えてはいない。

春田幸江Gペン画展『様様様様(さまさまさまさま)』

2017年1月31日(火)-2月26日(日)

春田幸江Gペン画展『様様様様』@名古屋 金山ブラジルコーヒー

f:id:amiyoshida:20170130100310j:plain

大谷能生7DAYS@荻窪ベルベットサンのチラシ、『ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く』の挿絵や入江陽、吉田隆一などのイラスト、文芸誌「読楽」の西條奈加『刑罰0号』シリーズの挿絵、hitachtronics主宰のネットレーベルnewmasterpieceのヘントナー大佐の新作『言葉と記憶』のジャケットイラストなど手がける春田幸江の個展があるよー! 

harutasi.blog.fc2.com

 

わたし企画、hitachtronicsくん着色で作った森翔太LINEスタンプの原画展示もあるとのこと!

store.line.me

 

製作過程の写真も送ってもらったので一部紹介。

 

f:id:amiyoshida:20170130100222j:plain

とか。

f:id:amiyoshida:20170130100255j:plain

なんでもないようなことが笑える。

 

この人も頭がおかしい(いい意味で)人なので、その執念、怨念とさえ思える珠玉の筆致をぜひ、生でみてほしい! 

 

酔友でもあるので、you酔ば〜イベントでも紹介したかったのですが時間が足りず……。あらためて、ブログで紹介させていただきましたー。名古屋近辺の方はぜひ!足を運んでさちえに会いに行ってくださいー!

月刊Youtube批評『You酔ば〜 とらのまき』第3巻 あなたとわたしのイケメン押しTuberグランプリ〜!

f:id:amiyoshida:20170115231604j:plain

 

toranoana-nomoo.com

1/27(金) 17:00-22:00 @秋葉原とらのも

実は芸能人やアイドルには絶対いないようなニュータイプのイケメンが大量にいるYoutube界。ミュージシャンでも芸人でもないYoutuberとしか言えない存在の彼らは男子アイドルとして、自覚的である。常に人から見られ、動画配信されることを意識した動作や言動は今までになかったあたらしいかっこよさを更新させる。同世代の女子たちは、そんな彼らに親しみを覚え、恋心を抱き、心ときめかせている。
一方で、ファンと珍行する通称オフパコが度々、問題にもなっている。好きなことで生きて行くには、自分のファン(好きになってくれる人)を食うしかないんだ!と絶望し、オフパコを出会いだとらえる……。Youtuberの多くはファンとの交流会、通称ファンミーティングを定期的に開き、SNSでも積極的にコミュニケーションを取る彼ら。自宅はすぐに特定され、ロケ地はすぐに聖地となる。会いたい時にいつでも会いにいける男性アイドル、それがYoutuberの側面でもあるのは事実だ。それをサービス精神旺盛と好意的に捉えるか、不謹慎と捉えるかは人それぞれだろう。ただ現状がそうなってしまっている事実……。今回はそんなYoutube界のイケメンをスペシャルゲストのサクラコいずビューティフルと共にランキング形式で紹介! もちろん1部ではここ一月にあった事件、面白かった動画についても語ります。
Let’s Do It!

 

出演

一日店長
吉田アミ(+研究助手)

音楽・文筆・前衛家・演出家。サブカルチャー全般に精通し、トークの司会進行することも多い。最近はYoutubeばかり見ていて馬鹿になっている。

スペシャルゲスト
サクラコいずビューティフル

a.k.a.榎本櫻湖(詩人)。花小金井マツコ・デラックスを自認。イケメンYoutuberソムリエとして、突出した能力を持ち、女子高生と近い感性で、彼らの魅力を語れる。Youtuber批評最終兵器。

一宮崇徳(サポート)

ユメノソラホールディング「AKIBAPOP:DOJO」にて、サブカルチャーに特化したレクチャーや企画の主催者を紹介するWeb番組の司会を務めつつ、夜な夜な飲み仲間を探す日々を送っている。 

 

前回の様子がアップされています!参考にどうぞ。闇tube……。


月刊Youtuber批評 「You酎ばーとらのまき」