読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二つになる一つのもの

ぼくたちはブレイクビーツを聴きながら、過去と現在の両方に耳を澄ます。そしてDJ は、フロアにおいて、そのようなブレイクビーツをいくつもいくつも接続させながら、それぞれの過去をさらにおおきな時間のなかに置きなおしてゆく。時には八時間以上も続けら…

声を発することがもつ暴力性、陵辱性と、声を人前にさらすことへの羞恥という両極性も、それらのことと無関係ではあるまい。

声の生命は、発し終えられた瞬間に、何の痕跡ものこさずに消えてしまうところにある。声を発することが、イヴェントになりうるのは、そのためだ。ことばは元来声であり、文字はことばから声を息を消し去ったから、空間に固定されて持続性を獲得したのだ。 声…

人生からポエジーを引き出すより、人生をポエジーに変える方がよいのではなかろうか?

初版への序 おそらく書くことを正当化する唯一のものは、書くという行為が、ある日われわれがわれわれ自身に発した問いかけに、そして、その回答が得られるまでは、一瞬たりともわれわれを安閑とはさせておかないあの問いかけに、答えようと勤めている、とい…

あれだけ人間がいるのに すべてが無機質の世界だった

でもどうして努力ってのは 一人にならないとできないんだろう 勉強する、本を読む、音楽を聴く、絵を描く……etc 共有する相手がいないかぎり すべて孤独の作業だ他人に評価される自分を つくろうとしたら 常に人から 自分をひきはなす必要がありそれは何もで…

明日できることは

明日できることは、明日考えましょ。

明るい言葉をつかもうとする人間の顔は、逆に暗い。

(『新約 コピーバイブル』第三章 本格編12 私のコピー作法「コピーは、準ブンガク。」眞木準 伝)

人に「そうでしょ?」と訊ねられることって

たいてい自分にとってどうでもいいことだったりする。

豆腐屋だって堕落すんだよッ!

詩をうたうのだ

今回、たくさん人が出るようなフェスティバルに出てみて、改めて気がついたがほんとうにもう、ちょっと無理です。声を出すということがどれだけ精神と肉体に負担なのか、いや、そこまで思いつめないと客に対して失礼だと思うわけで、自分が納得いく演奏を行…

物語は正しさよりも、美しくありたい。

みっともないから身に付いてない言葉は使うな

難しい言葉を使うと頭が良くみえると考えるのは愚か。 頭を良く見せたいという虚飾が哀れ。 間違った言葉を使い続けるのは恥。 わかったフリして理解できていないよりは、わからないほうがマシ。 訂正する余地があるから。 言葉に鈍感になるな。 みっともな…

世界を更新しにいこう。

誰もしたことのないような手法で音作りをして、聴き手が聴いたことのないような音を使ってその人の意識の違う部分を引き出すことは重要なんだ。(Matthew herbert)

http://www.saround.com/interview/matthew_herbert.htmlより

○○っぽいモノをより

その○○を正しく紹介したい。

気楽なもんね。自称批評家さん。批評っていうのは 感想文でも、作者への意見書でもないわよ。

追記:早計な! テキストのみで理解するのもいいけど、興味持ったら元ネタのマンガも読んでみよう! ここで糾弾されてる人は批評家じゃないよ。批評以前の問題です。自他共に優れた批評家だと評価されるような人にはまったく当てはまらない。いまだにいろい…

一回も後悔したことない人はっ!

今すぐ後悔してくださいっ!!!

海外から感想メール

thankyou for making the world more beautiful.という一節がすごく気に入った。うれしいなったらうれしいな。 音楽は言語がないからいろいろと伝わるものだね。同じCDでも聴いた人によっては「このチンコ野郎死ね!」みたいなメールもあった。それはそれ…

大人が笑うのはな 大人は楽しいぜって子供に羨ましがられるため

『惑星のさみだれ(2)』水上悟志 私はこのマンガが好きすぎる!!

この世界のカオスをたった一匹のチョウチョウの責任にするのは ムリがあるわよ

(萩尾望都/山へ行く『ゆれる世界』より)

くらいと不平をいうよりも ひょい とでんきをつける方がらくだ

(川端稔『川端稔多重録音ソロII 93.3.13 MTR』カセットテープライナーノーツより) ※当時、UNKNOWMIXで買ったテープです。

土下座だけで学校ひとつ掌握できるのよ いくらでもするわ プライドなんかでメシが食えるかよ

(大魔法峠/大和田秀樹) 裏まなび…。ほろびちゃん!?

自分から読み手を選ぶとは、思い上がりも甚だしい。

自分から読み手を選ぶとは、思い上がりも甚だしい。そのプライドがある限り、おまえは先へとは進めんよ。オナニーは布団の中だけにしとくんだな。 G戦場ヘヴンズドア(1)/日本橋ヨヲコ 上のぷにえちゃんとマンガの垣根を越えて肉体言語で対話中。←そうか?

楽しいじゃん 変!!

「変!?変だから泣くの?へんなのー」 「え?」 「だって「変」ってさーーーーー こんな顔したり こんなかっこしたりすることだろ? 楽しいじゃん 変!!」 世界がぐるって回った気がした 変だと思う気持ちを捨てられなくても 違和感がどこかに残ったままでも 楽し…

「多くの若者がより楽しいことを求めて学校を去る中、あえて学生という立場を選択しているあなた達が今、楽しいだけのお祭りをする意味はなんですか?」

悩もう

嘘でその場をうまくやりすごしても きっとくやむから 過去も未来ももちろん今も 全て背負うのは自分だもの 悩もう A Happy Life/岡崎律子

この世にひとりぼっち。だれもあたしをすいてくれない。みんな意地悪だ。死んでしまいたい。

涙が流れる。とめようがない。涙はかん高い、せつないしゃくり声といつしょに、ただあふれてくる。道のはしにすわりこみ、思いきり、わあわあなけたら、どんなにいいだろう。細い道に入ってしばらくいくと、砂利道にでた。さらにあるくと、森の小屋に着く。…

誤審で死んでたまるかっ!!

審判が人間である以上、誤審もあり得る! 作品を載せる雑誌が―― マンガ家一人一人の命をかけた、 真剣勝負の場だとしたら…… 誤審で死んでたまるかっ!! 吼えろペン(10)/島本和彦

鑑賞する人は、それぞれ自分の中で自分の芸術を創造しているのだ

私の映画がわかりにくいという人がいるが、それでは、ピカソの絵には説明があるだろうか。それを鑑賞する人は、それぞれ自分の中で自分の芸術を創造しているのだ……。 (「定本 武智歌舞伎 武智鉄二全集 第六巻」武智鉄二の映画論より 「なぜ私は『白日夢』を…

いいことが君を待っているから、早く大きくなりなさい。

★入試の人たちも多かったと思うけど、落ち込んじゃってる人。「朝のこない夜はない」。いいことが君を待っているから、早く大きくなりなさい。たかが学校のことでしょ。また来月。 (宝島1989年3月1日発行。編集後記より) これがすごいのが、『警告特…

「それはさ、おまえの人生に必要ないってだけでおまえ以外の誰かの人生には必要ってことだよ。

だからおまえが頭ごなしにそれを無駄だとか必要ないとかその存在を否定したところで殺しにいかない限り、それは存在し続けるってわけ」 「殺したらどうなるわけ?」 「それを必要としている人に憎まれたり、殺される覚悟があるの?」 この世の存在理由。誰かが必…

自分の血肉を笑うやつは バカだ

俺はさぁ 好きだった人を落とすのは 信じらんない 好きだった作品 好きだった絵 好きだった本 模型 アニメの動きや 色 音楽や 興奮した子供の頃からの思い出 熱くなった想い わくわくした気持ち あの思い出達は もう自分の中に 深く入り込んで 血肉となって…

「いつもいつも、明日には、もっといいことがあるような気がしてならんの。」

「これから、なんかもといいことがあるような気がするの。いつもいつも、明日には、もっといいことがあるような気がしてならんの。」なぜですか? とお伺いすると「根拠なんかないんですよ」と、その大柄な体をゆっくりと揺すりながら、おおらかな笑い声をあ…

芸術とは眼に見えないものを、見えるようにするものだ

(パウル・クレー)

人間はみんな「昔」を背負って、「今」を生きなきゃなんないんなら、この世は幸せになっちゃダメな人間だらけじゃないかァ!!

からくりサーカス(43)/藤田和日郎

音は私たちの感性の受容度に応じて、豊かにも貧しくもなる。

私は音を使って作曲するのではない。私は音と協同するのだ。武満徹『武満徹の世界』より

みなさんの「当り前」だと思いこんでいることの中に、「全然当り前じゃない」ことがまざっているかもしれません。

「何をいまさら」『3年の学習』読者のみんなへの「メッセージ」。 /ナンシー関 より

私は何かを待っているより、旅に出たいと思った

‘”一億火の玉”が叫ばれていたころのことで、自分で自分の運命を動かしてゆくことができなかった、いつも何かに追われているようであり、いつも何かを待っているようでもあった。……私は何かを待っているより、旅に出たいと思った 写真家・濱谷浩/写真の歴史…

天皇ときくとなんとなく薄気味わるくなる

ぼくは政治にあまり関心ない男だが天皇ときくとなんとなく薄気味わるくなる 天皇陛下個人はともかく その使徒があの戦前のように よみがえりはしないかという恐怖がいつも つきまとっているからだ 天皇制という制度がなかったとしたら なんだか もう少し ノ…

「見ていない人と同じ土俵に立ちたくない」

―会見では「見ていない人と同じ土俵に立ちたくない」と話しました。 「言いたかったのは、とにかく見てほしい、ということ。見ていただかないことには、映画の意図することは何も伝わらない。 イッセー尾形/ソクーロフ「太陽」についてスポーツ報知インタビュ…

おたくで生きる覚悟もない普通人が、おたくのオイシイところだけを簡単に享受できるようになってきている

おたくの皆さんも激動の時代を生きていることと思う。おそらく本人は自分の道をただ1歩1歩あるいているだけだろうに、過剰に社会認知されたり、無条件に迫害されたりでご苦労も多いことだろう。更にこのところ、おたくで生きる覚悟もない普通人が、おたく…

人のマネをするのは卑怯だ。

人のマネをするのは卑怯だ。マネっていっても、パロディだとか本歌取りだとかいうのもあるわけだけど、一般に「パクリ」と言われるような恥ずかしいやつ。(中略)すでに馴染みのあるものの方がすんなりと受け入れられる、そこから「パクリは卑怯だ」という…

DONT'T TRUST ANYONE OVER 30

おとといの夜 行為を終えて 女房に言ったきみを愛してる マイ・ラブ だから ぼくの好きにさせてくれ 冬の海まで車をとばして 24時間 砂を食べていたい 長い線路を ひとり歩いて そっと枕木に腰をおろしたいDONT'T TRUST ANYONE OVER 30 憎むよりも先に DON…

「赤んぼかおまえらは いちいち感情を言葉にするな

反論するなら理論でしろ」 天才ファミリー・カンパニー/二ノ宮知子

「あったり前でしょ! 人が人を評価すんのはその人の能力じゃん」

「それって でも 複雑な気分ですよ…… 正直 先生は 俺じゃなくって俺の「菌が見える」ってとこが重要なだけでしょ?」「あったり前でしょ! 人が人を評価すんのはその人の能力じゃん だからみんな 頑張ってるんじゃない 正直 努力もしないでそんな力持ってるあんた…

あんたの周囲が全てあんたに対してフェアでいてくれると思ったら大間違いです!!

よしながふみ「愛すべき娘たち」より

「愛って何だろう」なんていうのは、

ジジイになってからでもゆっくり考えろ。保留にして、おまえは先に進め。人を愛し、自分を愛せ。 村上かつら「短編集1 天使の噛み傷」より

きっとその男(ひと)そういう「リアクション」を「コミュニケーション」だとかんちがいしてたんじゃないかな?

「ワッ!」て出して 驚かせて、「ワッ!」て出して 驚かせて、 自分があきたら 相手をかえて、 ……あきられる前に ……相手をかえて。 「サユリ1号」村上かつら

人間は変わるのが当たり前。

人間は変わるのが当たり前。だから昔は「武士に二言はない」だった。武士の口が重かったのは、格好をつけていたからではない。うっかり言ったら大変だからです。 武士は下手な約束をして守れなかったら命に関わる。責任を持とうと思えば、要するに責任の重い…

わたし 薔薇の木は大好きだった

でも 薔薇の木から 好きだよなんていってもらえるなんて 夢にも思わなかった (大島弓子/バナナブレッドのプディング)

男に生まれたほうが 生きやすいか 女に生まれたほうが 生きやすいか

おかあさん ゆうべ 夢をみました まだ 生まれてもいない 赤ちゃんが わたしにいうのです 男に生まれたほうが 生きやすいか 女に生まれたほうが 生きやすいかと わたしはどっちも同じように 生きやすいことはないと 答えると おなかにいるだけでも こんなに孤…