吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

物語は正しさよりも、美しくありたい。