読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

文学フリマにいろいろ出ます!

http://bunfree.net/dai7kai/circle_base_b.html

というわけで、秋の文フリにまたもや参加!今回は6箇所に自分の参加した本やCDが置かれるというちょっと面白い状況になってます。裏文フリジャック!!!!というわけで、私の参加した何かをお買い求めいただいた方にはフリーペーパーを差し上げます故、声をかけていただけるとありがたいです!では、諸君、文フリで会おう!

B-33 ピアノ・ファイア・パブリッシング
新刊「大島弓子論本」、「マンガ読んでる?」、「吉田アミは書きました。」などマンガに関する本はこちらでお買い求めいただけます!マンガ批評界の気鋭・泉信行くんに場所を取ってもらい、何もしていないこと山の如しでありますが、当日は売り子として仲良くやっていきたいと思っております。基本、ここにいるので他のブースで吉田アミ関連の本をお買い求めいただいた方にはなんと!A4のフリーペーパー「受け手2.0!私が面白いと思う作品の読み方」をお付けします。新刊の「大島弓子論本」は本日だけスペシャルプライス!叩け!ゼロアカ道場価格!と申しまして、500円ぽっきり!でお売りします。サイズはA4でみっちり文字が詰め込まれてA4サイズ16Pのデザインはエクス・ポへのリスペクト!「みんな作るといいよ〜、一折雑誌!」とおっしゃっていた佐々木敦さんの言葉に乗っかって作りました。

http://d.hatena.ne.jp/izumino/20081101/p1


B-45 HEADZ
音楽CDは主にこちらに!雨宮まみさんとの人生相談の連載が載った「エクス・ポ」もココにあるぞ!ご存知、佐々木敦率いるHEADZのブースです!藤原ちからくん「テルテルポーズ」や音楽批評をメインにした「アラザル」チームのエレガントな批評誌も置いてあると思うので、ぜひ、買いに行こう!批評で頑張ってる若手はゼロアカ道場だけじゃないゾ!批評の中には圧倒的に音楽が足りないぜ!!!!!ちなみに最終号とその前の号で話している「サブカルよもやま話」はB-49の奇刊クリルタイ3.0にもリンクするエピソードです。どちらかに興味を持たれた方は、チェックしてみてください!

http://www.faderbyheadz.com/



B-1 枡野書店
歌人枡野浩一さんのブースではすでに希少レア「サマースプリング」を置かせていただきます!自身の体験をつづったノンフィクション作品で去年、太田出版から出したやつですが、手持ちのを若干、持ってきます。こちらも枡野さんのお友達たちの魅力的なミニコミ&本が置かれる予定です。私も関わった土佐有明本もここに置かれることでしょう。

http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/

基本、この3つのブースを行き来している感じです。
その他の参加したミニコミなど。

B-67 Xamoschi【ゼロアカ道場
愛すべきバカキャラが定着しつつある藤田直哉くんとそんな彼を温かく見つめる大人な井上ざもすきさんコンビのゼロアカ門下生批評誌に小説「1989年の地方都市 五万円の神様」を寄稿しました。講談社BOXパンドラで連載中の「雪ちゃんの言うことは、絶対。」シリーズの番外編(2.5)にあたる作品です。書くに当たって藤田君の性癖を暴露させ逐一で報告させるというほとんどセクハラのような編集方針で出来上がった一作。鬱屈とした少年の性(せい)の性(さが)が垣間見られる短編となりました。他の執筆者も豪華!お見逃しなく〜。

http://d.hatena.ne.jp/fujita_xamoschi/20081023/1224776474

B-13 Lilmag
野中モモさんのZINE書店Lilmagに私も寄稿した「少女と少年と大人のための漫画読本 2007-2008」が手に入ります!まだ手に入れてない人は要チェック!たくさんのレビューと丁寧な作りでマンガファンを唸らせます。そのほかにもいろいろ委託されていると思われるのでジンの現在に触れたい人は絶対、寄るべし!買うべし!見るべし!

http://lilmag.org/

B-49 奇刊クリルタイ3.0
奇刊クリルタイ、今回のテーマは、「ロストジェネレーション」!だそうでインタビューしていただきました。「受け手2.0」とは何ぞや?をみっちり話してます。そういうのは内輪って言うんじゃなくって信頼関係っていうんだよ!今までのインタビュー原稿の中では2番目に大変だった文字直しの多さだったんですが、テーマがNO!馴れ合いでもあったのでかえってきっちり、「仕事」させていただきました。馴れ合いで仕事が来るならそんな楽なことはない。結局は実力主義という世界。だからこそ、自信が持てるというもの!

http://khuriltai.readymade.jp/top/?p=24

以上!随時、情報が更新され次第、変更してきます!