読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

スリングショットで、敵を射抜け!

 夢を見た。

 夕闇迫る町。巨大な敵が襲ってくる前に準備をしなくちゃならない。町を守るのは私しかいない。戦って傷つくのは自分だけで良い。

 武器屋に手渡された最強のスリングショットの試し打ち。ぎりぎりとゴム紐を引っ張り鋼鉄の玉を撃とうとすると守るべき町人が視界を横切る。自分の腕に自信がないので、町人の居ない場所を探して自転車を漕ぐ。誰もいないことを確認して、撃とうとすると、なぜかまた、町人が視界に現われる。

 この武器は最強だ。当たれば即死。ターゲットを外す、コントロールに自信はあるが、万が一を考えて、撃てないでいる。

 そんなふうに何度も撃つのを躊躇っているうちに、夜になってしまう。敵は暗闇と共にやってくる。準備もしないまま敵と対峙しなければならない。勝機は一度限り。一発で、殺さなければならない。

 さて、

 ど う す る … ?