読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

ひとだんらく

 久しぶりに何も考えずにぼーっと過ごした。まったく何も考えてないわけでもないが仕事をあまりしなかったのでうわー休日ってこんな感じなのか。ザ・休日!という。人生は短い問題をひしひしと感じるので少しでも怠けてる&無為な時間ができると不安になるという末期的症状。いくら時間をかけても全てを知ることはできない当たり前。人生の有限さとだからこそ、だよな。期待してくれる人の期待に答えたい。し、自分の知りたいことを知りたい。

 最近はひらめき☆マンガ学校の影響で無性にマンガが描きたくなって困る。さやわかさんの描いた馬車とか頭から拭えないもんなー。ほかには西島先生の「のりピー物語」。泣けるっ!毎回、西島先生の引き出しの多さに慄く。まったく関係ないけどあのときいただいたドリアン味のハイチュウの味がいまだに口に残っていて、困る。

 そうやって、人の授業を他人事のように見物してきたのですがー自分も授業をやることになり……。人来ないかもと不安でいっぱいでしたが当日、来てくれた人が多く満席だったので救われました。お願いだから次も来てほしい。私の「先生」への進歩も楽しんでほしい……。

 懇親会にも参加してくれた生徒さんどうもありがとうございました。思った以上に和気藹々と楽しめて嬉しかったです。今回参加されなかった人も次回は気軽にご参加ください。かなりアットホームなので人見知りしていても楽しめると思います。酒が不十分だったので次回は個人的にマンガに関するおいしいお酒をもっていこうと思ってます。あと、つまみもなんか作るかー。もう、なんかわけがわからない。けど、人に優しくしたい気分なのだ。私の理想がめぞん一刻の管理人さんだったりするので、こういう出会いを大切にしたいのです。

 コミケ上京中の「漫画をめくる冒険」でおなじみのイズミノ君も駆けつけてくれて、イチオシの片山あやかトークで盛り上がりました。知らなかったんだけどマガジン系でデビューしていたのか。何気にイズミノ君とは少女マンガの趣味が合うんだよな〜。批評ではあんまり書いてないけど、少女マンガの趣味はかなり良いですよ、彼は。
 生徒さんも個性豊かでみんなマンガが好きなんやー!という情熱が。某出版社の編集者はもちろん、猛烈マンガ読み、15年の腐男子でなぜか今、即興音楽をやっているというかなりハイセンスなあの人や某有名レコード店のバイヤーでアニオタ、「面白かったです…」と控えめに言葉をかけてくれた女性、「あんまり詳しくないんですけど…」といいながらめちゃめちゃ詳しい人、某有名サイトのあの人、タナカカツキさんの新装版でマンガに関しての趣味も合い盛り上がった石原さん、寝るだけのイベント(詳細は後ほど)に出演をしてきた眼鏡男子オーガナイザーの姿などなども。

 とりあえず、明日の水〜土は時間取れないんですが、その後、うまく時間を作って今回の授業のまとめと、説明できなかった部分を書きたいな、と思ってます。自分のマンガにまつわる授業は最終的にまとめて本になりそーな感じがするのですが、やはり、本気で好きなら授業でしか説明できないとりこぼしがある。本にまとめるとどうしても「まとまって」しまう。そこが良い場合もあるけど、自分では気がつかなかった部分を第三者が知ることによって発見してもらえる可能性は編集の結果、減る。もちろん、授業でやる時点である程度、絞り込まれているけど、そこでさらに指先から流れ落ちる事情があって。私が知ったことを他人が同じに知ることなんてできないし、そんなことを強いるのも無駄。分かっているけど、どこかでなにか、新しい可能性が?と思ってしまう。

 まあ、とにかく頑張ります。まだ、まだ、まだ、頑張れるはず。来てくれた人に少しでも発見があれば。そして、少しでも交流できれば。ほんと気軽に声をかけてください。私もかけます。

 懇親会が終わったあとアニメの話で白熱したのですが、一応、あそこはサブカル!の牙城ヘッズ!というイメージがあるわけですが、ぜんぜん、関係ないから。私は帰り終電乗り遅れましたが、心は充実しておりました。今期のアニメについて一家言ある人いたら次回、ぜひ、参加してもらいたいですね。こっちは音楽やってますんで、音でアニメ観るという切り口なら負けません。声優の声も所詮、音!最近では「化物語」の斉藤千和演じるひたぎの「おかあさん」の一声が鳥肌ものでした。「ココロ図書館」の「おかあさん!」と呼んだあの声で。そして、かなり喉を絞って出していてあの切迫感を声優が出すところに胸を打たれましたよ。

 なんつー話をしてます。アニメファンも集まれ!っていうかおしゃべりしたい!