読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

最近のこと

まあ、基本的に原稿書いてるだけの人生です。エエ。まあ、それでもそれだけだと煮詰まるわけで、睡眠とかめっちゃ☆娯楽です。夢とかすごいよね、現実ではできないことができて。あとは部屋の掃除と料理ばっかり。インドア派というより幽閉者です。掃除はアレルギーもあるので狂ったように数ミリのほこりに反応し、雑巾、掃除機かけまくりで、ミンチン先生より神経質です。しかし、掃除や料理って、がんばった分の成果が目の前にすぐに現れるのでストレス解消にはもってこい。目の前のタスクが消えれば自ずと仕事に向かうしかなくなるので、仕事量が増えてお得です。まあー。

で、最近は10年以上前に買ったシマーリングがぶっ壊れたんですけど、シマーリングって売ってないよね。昔、買った場所で買おうと思ったらまんまと売ってないでやんの。こんな定番アイテムが売ってないなんて、驚いた!東急ハンズにいくべきか、迷うところだ。もう、輸入してないのかな、シマーリング。

そういえば、『サマーウォーズ』観たよ。でも、アバターのシーンで爆睡してしまい内容がまったく分かりませんでした。山下達郎の曲でなんか良い気になって映画館を出ました。カズマって、女の子なの?声を女性がやってるのでとくにそういう誤解が生まれましたがお風呂シーンがないなど製作側もずいぶんと確信犯。頭ぐしゃぐしゃー。

あとはここのところずーーーーーーーーーーーーーーーっと、ビックリハウスのことを調べたり考えたり。いろいろぼんやりボヤいていると自分の人脈の広さにおののくほど、情報ががしがし入ってくるのでたぶん、私が知るべきことなんだろうなーと神様はいるのかもね、と思いました。

80年代ってなんか牧歌的でいいよね。すごく豊かだよね。多様性って意味でいいえば昔のほうがあったのかもしれない。あと、ノイズがなかった分、オモシロいものに出会いやすかったよね、昔は。「編集」をヤラセという言葉で軽視した結果が現在な分けだけど。ダメな編集もあるし、良い編集もある。これからは良い編集が必要とされるのでしょうね。それは、テクノロジーによって最適化されていくのか、それとも個性的な編集者というキャラが現れるのか分かりませんが。

そんないっかんで、西武文化についてよくぶちあたる。企業が率先したトレンドだったわけだが、すべてがダメで今には通用しないダサさなのか?といえばそうじゃない。今だからこそ良い部分もあるのに、とか分かってしまう。毒にも薬にもならず生きるために意味をなさない「文化」がなくなって、消費されるために必要な栄養素となったことで良くなったことってなんなんだろう。なくね?とか思ったり。

という試行錯誤の中、私は生きているのだった。なんとなく、もしかしたら、未来はわりと悪くない?と絶望の果てから少し、思いおこしたり、でも、無理だな、と思ったり忙しい。

とりあえず、目の前の仕事に必死です。まだまだやれる。仕事はもっと増やしたい。遊んでなんかいられません。でもわりと落ち込みがちなので、けなすよりもほめて伸びます。「好きだ」という言葉は何回聴いても気持ちが良い!その言葉で中毒死させておくれ。溺れたい。