読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

週末、気になるイベントが3本

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kuchusen/event.htm

アトリエ空中線10周年記念展 インディペンデント・プレスの展開
2009年11月13日(金) - 12月6日(日)
13:00-19:00開廊(最終日17:00閉廊)
入場無料・会期中無休
於:ポスターハリスギャラリー

ギャラリートーク 「書物のインディーズの夢の継承」
第1回 11月21日(土) 18:00〜19:30
〈ダダ/シュルレアリスムからパンク/ニューウェイブへ〉
あがた森魚(音楽家)・間奈美子・郡淳一郎

美しい装丁、デザインを手がける間美奈子さんの「アトリエ空中線」10周年記念展が12月6日まで開催されております。間さんには「サマースプリング」でもお世話になりました。21日のトークでは、オルタナティブ編集者の郡さん、ミュージシャンのあがた森魚さんが出演されるとのこと。

http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_091027202650_1.htm#namachukei

『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』刊行記念
ひらめき☆マンガ学校 公開講義 〜消えたマンガ原稿67ページ〜
Open 17:30 Start 18:00 End 21:30 (予定)
前売り券2000円 当日券2500円(共に飲食代別途必要 ビール¥590など)※おサイフケータイ(R)前売券購入ならファーストドリンク無料!!
生中継あり!先着100名限定配信 \1,000 中継予約はコチラで受付中です。イベントに来られない方は是非ご利用下さい。

【出演者(仮)】
西島大介、さやわか、大谷能生伊藤剛泉信行 竹熊健太郎

われらが西島大介先生の発売記念イベントです。イズミノ君、さやわかさん、伊藤剛さん、竹熊健太郎さん、よしおも出演!WEB中継もあるそうなので行けない人はこちらで観ることもできる親切設計。WEB2.0万歳!

同日ですが、

『エクスペリメンタル・ミュージック』フィリップ・ロベール著/昼間賢・松井宏訳(NTT出版
出版記念会同時に大里俊晴氏を偲ぶ

未来派、ダダ、アール・ブリュット電子音楽、ミュージック・コンクレート、ジョン・ケージフリー・ジャズミニマル・ミュージック、ニュー・ウェイヴ、インダストリアル、ノイズ、実験的テクノなど、20世紀初頭から現在にいたるありとあらゆる「実験的」音楽の名盤を紹介するディスクガイド!

「パイオニア、重要人物は勿論のこと、未だ知られざるカッティング・エッジまでが網羅された、ゼロ年代末における最良の「実験音楽」の歴史教科書。」 ――佐々木敦(批評家)

日  時:2009年11月22日(日)16:00〜20:00
場  所:吉祥寺Sound Café dzumi
www.dzumi.jp 武蔵野市御殿山1-2-3キヨノビル7F  Tel:0422-72-7822
参加費:3000円 Free Drink & Free Foods 制(シャンパーニュ、ワイン、ビール、お寿司、オードブル、ピザ、フルーツ、ケーキ、ソフトドリンク、など)
*余裕のある方、一品ご持参 歓迎!
尚、会場で上記書籍の即売もさせていただきます
発起人:柴 俊一(NTT出版
泉 秀樹(サウンド・イメージ研究所Sound Café dzumi)

参加希望者は前日までにevent@dzumi.jpに以下の文言でメールください。

「エクスペリメンタル・ミュージック出版記念パーティ参加」+氏名(フルネーム)と参加者数、電話番号。あるいは上記、発起人へご連絡下さい。

出版記念と同時に今月17日に亡くなられた大里俊晴さんを偲ぶ会とのこと。
http://www.asahi.com/obituaries/update/1119/TKY200911190388.html

大里さんの告別式は本日。

私は15年くらい前にはイベントでよくお会いしていて、また、企画されたイベントに出演したことも何度かあったと思います。1年前に大里さんが監修されているESPの完全解説本にパティ・ウォーターズの原稿を依頼していただき、寄稿しておりました。鈴木志保先生の解説もされていたりして、何かとここ数年、お会いして話を聞きたいなあと願っていました。

生きているうちに生きている人の言葉を聞いておかなくてはならない。

というのは、ここのところ強く感じています。自分が生きていくためにお金を稼ぐことも大切ですが自分が愛している文化のために何かをしなくてはならない、というのは強く感じています。