読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログと私

日記

プログを書く気力がまったく沸かないのであえて、告知以外のブログっぽい日記っぽい何かを書いてみるテスト。ブログ文体みたいなものが自分にはあったのだがもう忘却しまくっている。いよいよ日のアクセス数も数人……というように過疎化したこのプログであるがそもそも書き始めた頃はそんなものだったので元の木阿弥という感じで潔い。自分のキャラとかどうでも良いというところで無関係な人間が読んでいるのが面白かった。しかし、見る人が増えるとあまり乱暴な文章も書けなくなりいろいろとめんどくさい。そもそもコミュニケーションとかどうでもいい。ネットでできるコミュニケーションより酒飲んだほうがいろいろ早いという上でプログなんだろう。そして、プログを書いても仕事が来るわけではないし、タダの文章垂れ流してもなあ問題。だが、あえて言おう。今、ブログが熱い!嘘だけど。こうして嘘ばかり書いていたい。ぼく、もともと不真面目やし。ふざけてるほうが楽しい。出会わない単語と単語の出会い頭の接続が。空白のない字が。じとじと字と字。オートマティックライティングで欠かされてる。勝手に誤解して広まって真綿で首を絞められるのだ。終わることだけ考えるのは甘美。壊れるためにモノは在る。どんな破壊を試そうか。何のリハビリだろうか。リハビリのために汚してるのか怪我しているからリハビリなのかもはや分からない。分かる分からない。分からないままよく分かっている。共感と想像は所詮一人よがり。しかし、それでしか他人を分かることはできない。分からないまま分かり合う。