読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

「夜想語りの夜4 西岡 智(西岡兄妹)×吉田アミ×今野裕一」


http://www.yaso-peyotl.com/archives/2011/01/yasogateri_3_4.html

銀星倶楽部から西岡兄妹へ。 ペヨトル工房のコミック世界。

■2011年2月22日[火]
■open19:00/start 19:30(23:00終了予定)
※UST配信あり http://www.ustream.tv/channel/yaso-peyotl

夜想語りの夜3&4」■料金:1回券1500円/2回券2000円
ご予約の方法はこのページの下をご覧ください
■会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2・18・11 ■TEL: 03-5835-1180
■Map http://www.yaso-peyotl.com/index_47.html

夜想語りの夜3&4」■料金:1回券1500円/2回券2000円
ご予約の方法はこのページの下をご覧ください
■会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
■東京都台東区柳橋2・18・11 ■TEL: 03-5835-1180

80年代半ば、『夜想』のコミック版『銀星倶楽部』が創刊。サブカルはメインカルチャーを脅かす存在として光を放っていた。その時インディーズのコミックは? 吉田アミが徹底解剖。『カフカ』『神の子供』を意欲的に刊行し、現在、『夜想』にシュルツ原作の作品を
連載中の西岡兄妹西岡兄妹的世界が生まれてくる過程を語り明かす。

出演
■西岡智(漫画家・西岡兄妹
今野裕一ペヨトル工房主宰/夜想編集長)
吉田アミ夜想語りの夜モデレーター/ヴォイスパフォーマー/文筆家)
今野裕一ペヨトル工房主宰/夜想編集長)
■UST配信: SphinkS | スフィンクス

■西岡智
漫画家・西岡兄妹の兄。兄、西岡智が物語を、妹、西岡千晶が作画を担当。
1989年コミックモーニング(講談社)でデビュー。著作に『地獄』『心の悲しみ』『この世の終りへの旅』『子供の遊び』『救済の日』『口の中の仕事(限定本)』(青林工藝舎)、『カフカ 《Classics in Comics》』(ヴィレッジブックス)など。
トムズボックスより刊行の瀟洒な絵本のファンも多い。
この世とこの世でないところを境目もなく行き来する、夢のようなそしてそれが現実であるような世界、カフカやシュルツのもつ空気感、それらを白昼の感覚でインテレクチャルに描き出す。09年、ポーランドの芸術祭のメインビジュアルを担当、西岡兄妹のイラストが街中を飾った。シュルツ原作を『夜想』で連載中。
http://www.ztv.ne.jp/bro-sis/


モデレーター吉田アミ
可聴スレスレの微少な声の震えや、唇の隙間を抜ける空気の音、循環呼吸を使った永遠に続くかのような音、マイクスタンドの軋み……を表現とするハウリング・ヴォイス。『サマースプリング』などの著作。インタビュアー。DJ。現場でのライブ感と思想性を重視する本格前衛家。

夜想編集長/今野裕一
1978年『夜想』創刊。80年代〜90年ダンスの台本・演出を数多く手がける。西武百貨店関連のイベントをディレクションし、『EOS』『WAVE』『銀星倶楽部』『Ur』などの雑誌を創刊・編集。ウィリアム・バロウズ、J・G・バラードの翻訳書など多数刊行、現代美術のディレクションも行う。98年『夜想』を休刊し00年ペヨトル工房を解散。03年『夜想』をリニューアル再創刊。浅草橋にてギャラリースペース、パラボリカ・ビスを運営。

■UST配信/SphinkS | スフィンクス
あらゆる物事をブリコラージュし、VJ、インスタレーション、展示活動をするユニット。自らメディアを持ち歩き、幾多の現場から放送を配信する移動放送局