読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月20日(土)、21日(日)『赤レンガダンスクロッシング for Ko Murobushi』(室伏鴻追悼企画『<外>の千夜一夜 vol.2』2月18日〜22日)

お知らせ

http://www.ko-murobushi.com/outside-2015/

出演:
川口隆夫と大橋可也と岩渕貞太と吉田隆一&吉田アミ
呑むズ(美川俊治、HIKO、大谷能生)×伊東篤宏(※20日のみ)
山川冬樹×JUBE×大谷能生(※21日のみ)
捩子ぴじん×安野太郎×志賀理江子
core of bells
岡田利規
飴屋法水
スガダイロー× ucnv (※ 20日のみ)
空間現代 × ucnv(※ 21日のみ)

キュレーション:桜井圭介&大谷能生

2/20(土)17:00〜/2/21(日)15:30〜

前売 3,800円/当日 4,000円
学割 3,000円


前売り:カンフェティ http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=32548&
赤レンガ倉庫 045-211-1515
1月17(日) 12時より受付開始。

詳細は特設サイト www.ko-murobushi.com/outside-2015/
また「吾妻橋ダンスクロッシングツイッター @AZUMABASHIDX にて随時告知中。

昨年6月に急逝した室伏鴻を追悼し、ディスカッション、シンポジウム、映像上映、パフォーマンス等を5日間にわたって実施する「<外>の千夜一夜」(2016年2月18〜22@横浜赤レンガ倉庫)の一環として、このたび『赤レンガダンクロッシング for Ko Murobushi』と題したパフォーマンスイベントを開催することとなりました。
キュレーションは音楽家・文筆家の大谷能生ダンス批評家で「吾妻橋ダンスクロッシング」のオーガナイザーの桜井圭介という、室伏鴻と公私にわたり親交の深かった2人が担当します。
室伏鴻がステージ上において一貫して追求していたであろう「ダンスを外へ展く」というコンセプトを受け、舞踏の外へ、ダンスの外へ、アートの外へ、という視点で、プログラムを組みました。

室伏さんには吾妻橋ダンスクロッシングにも度々参加していただき、Edgeの『DEAD 1』も吾妻橋で初演されました。そうしたこともあり、今回は室伏鴻に捧げるダンクロッシングです。室伏さんが「俺にかこつけてデタラメ放題やりやがって」と苦笑(激怒?)してもらえるようなプログラムを心がけました。(吾妻橋ダンスクロッシング 桜井圭介)


※このイベントに関するお問い合わせは
k_kunst_watanabe@yahoo.co.jp (渡辺) までお願いします。