読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

MusicAfterTomorrow 2nd session

f:id:amiyoshida:20161126061011j:plain
"声を創造する"
昨年秋、安野太郎作のゾンビオペラで人口声帯を用いたゾンビクイーンと、ハウリングヴォイス演奏者吉田アミ氏が初セッション!
youtu.be

12月10日開場19:30開演20:00
会場:江古田フライングティーポット
http://flyingteapot1997.wixsite.com/ekoda-flying-teapot

当日券2500+D
予約2000+D
学生1500+D
ご予約はmusic.after.tomorrw@gmail.comまで
http://music-after-tomorrow.com/phone/index.html

安野 太郎
yasuno tarou
作曲家。79年生まれ。2004年情報科学芸術大学院大学IAMAS)修了。代表作に「音楽映画」「サーチエンジン」「ゾンビ音楽」等。2015年11月にはゾンビ音楽によるオペラ、ゾンビオペラ「死の舞踏」の世界初演を果たした。第2回サウンド・パフォーマンス道場オーディエンス賞、第7回JFC作曲賞1位、第12、17回文化庁メディア芸術祭アート部門入選。これまでに2枚のCD「DUET OF THE LIVINGDEAD」「QUARTET OF THE LIVINGDEAD」をpboxxレーベルからリリースしている。

吉田アミ(音楽・文筆・前衛・演出家)
2003年に「astrotwin+cosmos」で、アルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門、ゴールデ
ンニカを受賞。ハウリング・ヴォイスと称する独特なヴォイス奏法により国内外の即興音楽シーンで活躍。文筆家としても活動し、著書に自伝的小説「サマースプリング」(太田出版)、などがある。また「ユリイカ」ゾンビ特集では、すぎむらしんいち花沢健吾の対談の進行とゾンビマンガレビューを担当。「ウォーキング・デッド」の原作コミック日本版第6巻では、日本語訳を担当した作家の風間賢二、評論家の滝本誠と特別鼎談にも参加したり、「ジョージ・A・ロメロ・ナイト」を企画するなどゾンビに造詣が深い。