読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

口火 Vol.3

f:id:amiyoshida:20170416025655j:plain

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文筆家/即興演奏家である男女が、書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み。

どちらがさきに口 火をきったのか、 もうわからない。vol.3

2017/5/13[土] 19:00開演 開場は開演の30分前からです。

料金:2,000円+1DrinkOrder

ライブ終了後、トークディスカッションがあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◉出演

吉田アミ、か、大谷能生
スペシャルゲスト 飴屋法水
美術・照明・音  川口貴大

 

 胸と息と喉と声帯を使用しながら、その機能を言葉を伝えることとはまったく異なった状態に育て上げてきた即興演奏者が、その回路を通して、あるいは放棄して、「言葉」を読む。同時に読まれるひとつの言葉は、男性の声と女性の声のあいだで宙に釣られ、書き言葉がもともと持っていた「語り手の不明」さを明らかにしながら、ひとつのものが同時に複数である経験をわたしたちに示してくれるでしょう。

 朗読表現の最前線「どちらがさきに口火をきったのか、もうわからない(通称 口火)」過去2回は榎本櫻湖(詩人)、滝口悠生(小説家)をゲストに迎え、荻窪ベルベットサンで開催してきました。きわめて強い表現を生み出すことのできたそのステージの成果をたずさえ、今回からは、吾妻橋ダンスクロッシングとHEADZが共同プロデュースするインディペンデント・スペースSCOOLに拠点を移し、演劇・ダンス・パフォーマンス・音楽など、あらゆるジャンルの“Something New”の発信地となるであろうこの場と共鳴することで、考えもしなかったようなあらたな表現との出合いにわくわくしながら、定期的に開催していきたいと思っています。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

◉予約方法
4月16日(日)19時よりSCOOL(info@scool.jp)にてメール予約受付開始。
※件名「口火vol3」本文に「名前」「電話番号」「枚数」をご記入ください。こちらからの返信をもってご予約完了となります(24時間以内に返信します)。定員になり次第受付を締め切らせていただきます。
※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。

お問合せ:SCOOL
メール info@scool.jp

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

SCOOL

〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-33-6 三京ユニオンビル5F
三鷹駅南口・中央通り直進3分、右手にある「おもちゃのふぢや」ビル5階

scool.jp

 

amiyoshio.tumblr.com

 

これまでのイベントの動画


【LIVE】口火。vol.2 出演:吉田アミ、大谷能生、滝口悠生


【Talk】口火。vol.2 出演:吉田アミ、大谷能生、滝口悠生


【LIVE】口火。vol.1 出演:吉田アミ、大谷能生、榎本櫻湖


吉田アミ・大谷能生・榎本櫻湖トーク@荻窪ベルベットサン