吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

テキストサイト界消滅ということで一緒に悪習も消滅させたい

http://d.hatena.ne.jp/tragedy/20031029#1067420972
恐がり(id:kowagari)経由で知ったピンクダークの少年の

Webが本と違うのは、リンクによって互いの意見を補完できるところでしょう。その特性をむざむざ殺してどうする。コツコツと一人で職人的にエンタを提供している奴がカッコイイ、というわけのわからん風潮はこれを期に撤廃すべきです。

のくだりを読んでいて今週号の「金色のガッシュ」でキッドの「一人で出来ることの限界を知った」(意訳)というセリフを思い出した。弱い部分を補い合って、協力することの素晴らしさを語っているわけで、まあ、ここが泣きのポイントだってこともわかってるんだけど、グッときた。単純なので人という時は支え合ってできてるものねえ…と胸中は穏やかではないご様子。

話は戻るが一人でコツコツ職人型サイトは良い場合もある。第一、コンセプトが明確なサイトなどはコツコツ職人型にならざるを得ないわけで、その手のサイトの場合、主張をコロコロ変えられたんじゃあ、こっちが不安になるので毅然としていてもらいたいと願ったりする。
もし、「母さん」が明日から「父さん」になって、あさってには「兄さん」、明々後日には「姉さん」にでも変わったら私は顔にたて線が入るに違いない。そんなことはあり得ない。

私は反応されすぎると申し訳ない気持ちになるけど(私の戯れ言なんか放って置いて頂戴!と)ツッコミを想定して書いていることもあるし、書くことによって情報が集まることも多いので、私もツッコミ&言及は大歓迎であります。音楽の事をツッコまれたらオマエに言われる筋合いないわ!で終わりますが、日記はココで公開にしている分、何を言われても仕方がないし、むしろ自分が考えている以外の見解を読ませていただくと勉強になります。まあ、そんなわけで人様にいただいたリファラーから辿って知ったサイトは宝の山が多い、ということだけ書いておきましょうか。

あと、どっかで「Webの読み物は本とは違う」というのも読んだがどこで読んだのかわからなくなってしまった。気づいたときに貼っておかないとスグ忘れるので思いついたらスグに貼らないととまた焦る私であった。

大人の女性のためのビューティレッスン

http://allabout.co.jp/special/event/
参加してみようか大人の女性になるために。ちなみに第1回目は「ランジェリー」ガイドによる「大人の女性のための正しいランジェリー選び」。

ドコモのメロディコールが50万人突破

http://www.zdnet.co.jp/mobile/0310/29/n_melo.html

現在の目玉「ゆず」。ダイエー応援歌も

電話の保留音というと昔からオルゴールと相場が決まっているわけだが、メロディコールのオルゴール占有率はどのくらいなものなのか。
着メロのオルゴール占有率も人が想像している以上に高いのだが(前職調べ)それはすべてあの黒電話の受話器を置いたオルゴールのせい。

NTT R&Dフォーラム2003 in 厚木

フォトニックRAMから人間ラジコンまで、NTTが研究・開発に取り組んでいる最新技術が一般公開の記事より。

歩く方向を意識下で操れる人間コントローラ
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2003/10/29/940.html

コンサート鑑賞は身代わりの人形が
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2003/10/29/941.html
生首。はっきりいってホラーです。

小さな指輪でFM放送並みの音声コンテンツを受信
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2003/10/29/942.html
平成版指輪物語

あなたは青木さやか派?それともだいたひかる?

http://www011.upp.so-net.ne.jp/room201/beverlyhills.html
客観視すれば私も青木さやか派であることは間違いなさそうだが、元・オリーブ少女なのでだいたひかるも捨てがたいねって、嘘ですが。
しっかし、微妙なところをついてくるなあ、さくらいさんはぁ。負けた。

大麻堂

http://www.taimado.com/

身近なところで大麻発見
http://www.taimado.com/mijika.html

合法ハーブ成分はヒ・ミ・ツ
http://www.taimado.com/tsuuhan/goods/goods.html

大麻だけに煙に巻かれ…オットット、何も言うまい語るまい。コンテンツ充実でなかなかオモシロイぞ。ココ。

正しいことより楽しいこと。いろんな方々のおもしろびっくりに注目しているのです。なぜならば、関心があるからです。
By.石仏(id:ishibutsu)さんのアンテナコメント

「優等生」になったNapster

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20061704,00.htm
このマークってずっと猫型宇宙人だと思ってたんですが猫だったんですね。知らなかった。ってそんなのばっかり。アフリカって読んでるぐらいのうっかりさんだから私!エヘッ!しっぱいしっぱい☆

米Roxioがついに「Napster 2.0」サービスを開始
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2003/10/30/951.html

何故テキストサイトを運営するのか?

http://jct.fc2web.com/text/pc/naze.html
テキストサイトに限らず、サイトを運営全般に当てはまるものだと思います。
ちなみに私は知り合いとか友達にこそ厳しい態度でいじめぬき、足を引っ張り合います。それは友達ではないという核心はつかないでください。
そもそもツッコミと罵詈雑言の区別がつかないユーモアのないやつとは仲良くなれない。傷つきやすい人も苦手だ。小動物系のカワイコちゃんより猛獣系のたくましい人とか害虫系人の方が付き合ってて楽だし言いたいことが言えるので楽しいのだが、小動物系の方がモテるためなんだか大変、損をしている気がしてなりません。一体、この矛盾と私はどう折り合いをつけていいのやら…。猫耳つけて「にゃ」って言えば万事オッケーな気が少しします。勘違いですか?

吉祥寺KuuKuu閉店!?

リファラーで知ったサイト
http://www.officek.jp/karakasa/U5/?20031030#id792
の過去ログにKuuKuuが年内で閉店するとの記述を発見。慌てて調べてみると何個かのサイトで同じ記述を見つける。
高山なおみシェフがやめたのは元・郁恵井森のお料理BAN!BAN!(現在の名前忘れた)を見ていたときに気が付いた。それまで「諸国空想料理KuuKuu料理長高山なおみさん」と紹介していたのがいつからか「料理研究家の高山なおみさん」に変わったからだ。それからしばらくして、KuuKuuにランチを食べに行った。ナンプラーと香草をこれでもかと入れすぎるクセのあるメニューがオレンジクラブとかレタスクラブ調のメニューに変わっていて、ああ本当に高山なおみシェフはここには居ないんだなあと思い知らされたのであった。高山なおみシェフが郁恵井森の料理番組に先生として出るようになってからKuuKuu自体の客層もいかにも吉祥寺といったチープでお洒落な感じから吉祥寺マダムの憩いの場として変わりつつあったように思う。
それでも高山なおみシェフのやりすぎ感のある料理が好きだったので一人でブラブラしてるときはよくあそこに行ったものだ。
KuuKuuに行く時の私の買い物コースというのがあって、パルコを彷徨いて、アニメイトでアニメのDVDかCD買って、カーニバルでディチェコのパスタ買って、VICでゲームボーイ用のアルカリ電池を買って、ヴィレッチヴァンガードで本買って、味噌屋で味噌買って、カレルチャペックで新作の紅茶の試飲をしながらくるりのリバーを聴いて、上の紅茶専門店で新茶を買って、14時近くにKuuKuuでまったり昼ごはんと決めていた。そこでアニメイトでもらったフリーペーパーを読んでアニメがらみをチェックしながら料理を待つのだ。ひんやりとしめった感じの店内は妙に落ち着く。まさに今この時期のKuuKuuには特別思い入れがある。秋の空気とKuuKuuまでの道のりのわくわくは私に何度、多幸感をもたらしただろうかわからない。

思い出したが、最後にあそこで食べたのはこの日記を書きはじめたばかりの頃だった。まさにこので。新約コピーバイブルを読みながら窓辺の席で肉料理とビールを飲んだ。

しかし、ほんとうに閉店するのだろうか?自分で確かめたわけでも、公式サイトに書いてあるわけでもないので信じられない。
週末に寄って調べてこようと思う。ただの噂だったらいいんだけど。

KuuKuu
http://www.kuu-kuu.com/

さよならメリーさん

http://dambala.virtualave.net/merry.html
Scotch Brightで知った都市伝説にもなっている「白い服のメリーさん」の話。本当に実在されていたというのを知っただけでも非常に驚いた。好奇心でテキストを読み進めていったのだが、最後に私は不覚にも泣いてしまった。どこでどう思ったとかは言わない。書かない。自分の目で見に行ってください。山岸凉子のマンガにそのまま出てくるような狂気の老女に無条件に弱いのだ。理由は訊くな。って誰も訊かないか。
あー大友克洋今敏が映画化しないかなあ。そんなこと、あるわけないか…。