吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

残暑見舞いとFSPとダンキンドーナツの事。

 アラタさんからメールで残暑見舞いが届いた。
 送付された画像は体感温度が5度くらい上がりそうなマッチョなホモ吉(無修正)の暑苦しさ当社比5割増し。
 そんな中、漠然と吉祥寺の駅かららんらんとLONLONに入ったところの薬局に噂のFSPが無造作に積み上げられていた。
 とりあえず、h.p.がかっこよかったので気にしてはいたのだがまさかこんなとこでお目にかかることになるとは。である。
 様子を伺ってみて驚いたのは値段が安いこと。一瞬、効果を疑いたくもなる程だ。量が少なくってデザインが統一されてるし、紙やパッケージもローコストのにおいがした。例えばmemeのように同じジャケの続くこの化粧品群は買い間違いを誘発させられるであろうと想像だに出来るのだが(はっきりいってくどい文だ。文法間違ってる ゾ。私。)思わず手にとりたくもなるみてくれである。
 おりしもその時、日焼け止めを切らしつつある事実に気が付いた私は迷わずその化粧品群の中から日焼け止めを抜き取った。パスポート型のリーフレットも忘れずにね。で、使ってみた感想だが、1500円なりの努力の跡はひしひし感じられるのであるが、別段、劇的に感動したわけでもなかった。少しだけ期待してたのにぃ。ちょっと残念。
 だって女の子なんですモン、ドラマチックな出会いの後に自分に最高にあっている理想の化粧品がきっとこの世の中にはあるんだ、あるんだきっとという探求心は止まない。で、私のその最高に自分に合っている化粧品を求める旅はまだまだ続くのである。このまんまじゃそのうち化粧品のカスタマイズに移行しそうで怖いが貧乏がそれに歯止めをかけている。しかもたいして化粧が上手いわけもないから安心だ(なんだそれ)。ま、うっかりこうして化粧品特集を買い続けるだけなのかも知れないが。それに私の化粧道具入れはシュウウエムラららら〜。って、結局、ブランドもんで器量好しの見た目重視でコスメを選んでいるだけなのか?嗚呼、単純。
 こないだいーたねっとを活用した。かつよしまくった。カツ代腕捲くり。カツ代うでたまご。。。と意味もなくカツ代でオチは矢張、けんたろう。くっどい、くっどい油ぎとぎとの調子ですね。
 その、カツヨシマックッタのは何、刑事。デカというと、或る夜、唐突に不思議はやってくるんですねえ。そう、あの日、ジョリー(アニメ)の曲の事でもめていた私とゆうたはともかく埒があかんとばかりにパワーブックをふぁーんとやった。ヤッホーっとYAHOOで検索をかけ、それっぽいところへ調べにいった。そうしたらお互いがうたっていた、てぃきてぃきてぃきてぃきじょりーじょりーじょりー〜(ゆうた唄う)と私の記憶するところころのエンディング曲、びすけっとがいちまいあったら(あったら)じょりーとぼくとではんぶんこ〜はどちらも同じNHKの名犬ジョリーのそれぞれオープニング曲とエンディング曲であることが判明した。ただ、ふたりとも思いっきり勘違いしていたのはジョリーの容姿がコリーに違いないと信じて疑わなかったところである。
 そう、それは真っ赤な嘘。名犬ラッシーと名犬ジョリーとフランダースの犬などがごったにになった状況である。ジョリーは白いふわふわのでかい犬であった。ジョリーめ。擬態なんぞ覚えよってからに。
 ついでに日頃からきにかかっていたダンキンドーナツの事も調べてみた。そしてなぜ、ダンキンドーナツが消えゆくのか、その秘密を伺い知る事ができた気になった。そのページ以外まともにみてないのでこれが事実なのかどうかはわからないが、わざわざ嘘を垂れ流す理由もないだろうから、かなりイイ線いっているのだろう。そして私の脳味噌にまた、ヤクにも立たない情報がひとつ、皺となって蓄積された。ほんとに私にとってはどうでもイイ話である。