読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

■2010年12月12日[日]「夜想語りの夜2」ゲストに飴屋法水!

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2010/12/2_8.html

80年代を駆け抜けた夜想ペヨトル工房を語りつくす・聞きつくす第二夜。

夜想語りの夜2
飴屋法水×吉田アミ×今野裕一

演劇活動再開後、演劇のしくみをほとんど使わずに
舞台を作り続ける飴屋法水
名付けようのないもの。不思議なもの。ちょっと怖いもの。
84年からずっと飴屋法水と併走してきた夜想が、飴屋法水の世界に語りかける。そんな夜。

■2010年12月12日[日]
■open18:30/start 19:00(23:00終了予定)
Ustream http://www.ustream.tv/channel/yaso-peyotl

■入場料:1000円(ドリンク代別)
■会場:parabolica- bis[パラボリカ・ビス]東京都台東区柳橋2-18-11 03-5835-1180
■アクセス:「浅草橋」(JR東口・歩6分/都営浅草線A6出口・歩4分)都営大江戸線「蔵前」(A6出口・歩11分)

詳細・最新情報は http://www.yaso-peyotl.com

■ゲスト/飴屋法水
1984年、東京グランギニョルを結成。大崎の廃工場にアトリエを構え、数トンにおよぶ実際の産業廃棄物を装置に公演。MMM名義で『スキン/SKIN』シリーズを展開。90年を境に、TECHNOCRAT名義での美術活動に移行。95年、ベネツィアビエンナーレに、自身の精液(遺伝情報)を他国で販売する「パブリック ザーメン」にて参加。その後、美術展での発表を停止。東京・東中野に「動物堂」を開店。05年、それまで休止していた美術活動を、「バ  ング  ン ト」展で再開。07年には、静岡県舞台芸術センター「SPAC秋のシーズン2007」で、演出家として演劇活動を再開。11月、フェスティバル・トーキョー09秋にて、山川冬樹を迎え、サラ・ケインの遺作『4.48サイコシス』を演出。
フェスティバル・トーキョー10で「わたしのすがた」が大絶賛された。

モデレーター吉田アミ
可聴スレスレの微少な声の震えや、唇の隙間を抜ける空気の音、循環呼吸を使った永遠に続くかのような音、マイクスタンドの軋み……を表現とするハウリング・ヴォイス。『サマースプリング』などの著作。インタビュアー。DJ。現場でのライブ感と思想性を重視する本格前衛家。

夜想編集長/今野裕一
1978年『夜想』創刊。80年代〜90年ダンスの台本・演出を数多く手がける。西武百貨店関連のイベントをディレクションし、『EOS』『WAVE』『銀星倶楽部』『Ur』などの雑誌を創刊・編集。ウィリアム・バロウズ、J・G・バラードの翻訳書など多数刊行、現代美術のディレクションも行う。98年『夜想』を休刊し00年ペヨトル工房を解散。03年『夜想』をリニューアル再創刊。浅草橋にてギャラリースペース、パラボリカ・ビスを運営。

■UST配信/SphinkS | スフィンクス
あらゆる物事をブリコラージュし、VJ、インスタレーション、展示活動をするユニット。自らメディアを持ち歩き、幾多の現場から放送を配信する移動放送局。

※全席自由席です。(座席数には限りがあります。立ち見になる場合もございます)
・ご入場は開場時間より整理番号順となります。
・チケットは当日ギャラリーでお引換ください。
・整理番号はチケットお引換順となります。

予約・お問い合せ:パラボリカ・ビス(水曜休館)
tel:03・5835・1180
メールでのご予約・お問合せはこちら≫
・お名前、お電話番号、ご希望イベント名と日付、枚数をお知らせ下さい。

※メールでのご予約は、ご予約完了のメールを返信をもって予約完了となります。メールの返信が2営業日を過ぎても届かない場合はメールが届いていない可能性があります。お手数ですが、お電話にてお問合せください。