吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

【舞台作品】山田五十八はいった。

チケット発売

https://amiyoshida.peatix.com/view

山田五十八はいった。

作・演出:吉田アミ

出演者: 吉田アミ(前衛作家)、星葡萄(生活芸術パフォーマー)、上野雄次(花道家、市川平(特殊照明)

音楽:吉田アミ

舞台美術:吉田アミ

演出助手:三宅里沙

動画記録:ALi(anttkc)

宣伝・制作:星葡萄

フライヤーデザイン:hitachtronics

FOOD:PoPo kitchen.labo(17、18日のみ)

会場:スペース

世田谷区若林4-20-7タイガープラザ1階

世田谷線松陰神社駅徒歩2分

 

日程

12/16(金)18:30〜開場/開始19:00★

12/17(土)18:30〜開場/開始19:00

12/18(日)17:00〜開場/開始17:30

※上演時間は約90分程度を予定しております。

★終演後トークあり

12/16 19:00の回トークゲスト:大谷能生(批評家、音楽家)✖️藪前知子(キュレーター)

 

料金:

全席自由席・日時指定

前売り3,000円

当日券3,500円

吉田アミ、約3年ぶりの舞台作品、本格始動。

これは場所に残る、痕跡と記憶を再発見する物語。

前衛花道家として、さまざまアーティストとライブパフォーマンスを重ねる上野雄次。特殊照明作家を名乗り、即興的に光を扱う市川平。即興演奏家として国内外で長く活躍し、舞台芸術へとその創作を広げる吉田アミの三人が舞台作品を作りあげるーー。ただ一時として、毎日が同じではない、三日間だけの演劇公演。繰り返されるはずの演劇を即興として解体、再構築する試み!

 

山田五十八は女の子になりたかったのだ。

洋装店の2代目である父の遺品整理を整理していた長女絹江。誰も入室が許されなかった父の秘密の部屋で見たものとは?

 

精神病を長く患っていた母の死の謎。愛猫・毛玉との別れ。他県に嫁いで行った妹・木綿子との微妙な関係。一見、何事もない日常も視点を変えれば違って見える。よく知っているはずなのに何も知らなかった家族の関係を知るとき、わたしは何を感じるのだろうーー。

 

この作品は2022年9月に「酒場のぷりンス」を原案に山形で発表された作品が元になっています。山形にあるオルタナティヴ・スペース「Heso」で滞在制作中に出会った人たちから聞いた言葉、経験したこと、何人もが移り住んだその古民家に住人たちが残していった物や記憶を集め作り上げた物語です。

 

Hesoのコンセプトには、母体から多くを受け取りながらも、そこから外へ生まれるために臍の緒があり、その形跡が「へそ」。自分の世界を決めつけ籠るのではなく、外へ出るためのアトリエです。とあるように。その言葉に共鳴し、また新たな枝葉が生まれたのです。これまでにはない新しい表現へーー。理想を抱くってことは未来を信じることと同じなのです。

 

吉田アミ(前衛作家)

90年代より活躍し、ヴォイスによる即興演奏家として国内外で高い評価を受ける。アルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門ゴールデンニカ受賞。著書に自伝的小説「サマースプリング」(太田出版)、小説「雪ちゃんの言うことは絶対。」(講談社)。近年は舞台芸術の場にも活動を広げている。またレーベル「虎鶫」を立ち上げ、書籍の企画・編集・プロデュースも行った清水みさと「サウナのぷりンセス」が好評発売中。

 

上野雄次(花道家/アーティスト)

勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。地脈を読み取りモノと花材を選び抜いて活けるライブ・パフォーマンス「はないけ」の世界を築き続けている。『YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA』ではアートワークを担当。同作は2021カンヌ国際広告祭にて銅賞、第25回メディア芸術祭 エンターテインメント部門 優秀賞を受賞。その創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。

 

市川平(特殊照明家)

1965年大田区生まれ、大田区在住。1991年武蔵野美術大学大学院修了。1988年「ドームのないプラネタリウム」を発表。以降、現代的なモチーフを選び、彫刻に様々な素材や要素を取り入れ、SF的な物語性を感じさせる作品群を制作。2016年より元彫刻家の特殊照明作家として、多数のコラボレーションワークを実現。2021年「市川平セルフコラボ展」(発電所美術館) 、2020年「岡本太郎美術館20周年記念展」(川崎市岡本太郎美術館)など。

 

星葡萄(マルチクリエーター)

生活芸術パフォーマー、DJ、絵本作家、食文化ライターなど複数の顔を持つ。浅草橋「天才算数塾」を主催し、フリースペースとして運営する他、展覧会、イベント、本の出版、音楽レーベルなどを企画。著作に「浅草橋天才算数塾 わたしの天才生活」(天然文庫)、ほしぶどう名義で絵本作家として、「おかおみせて」(福音館書店)を出版。最近の活動は、イラストエッセイ「酒場のぷりンス」(虎鶫)を出版。今回の作品のキーマン。

 







 


www.youtube.com

今回は、女優で作家の清水みさと先生、そして、企画編集を担当した吉田アミさんをゲストに迎え、お話を伺いました! なんと、本日11/1(火)に清水みさとさんにとって初の著書が発売になりました! お2人の出会い、本作りのキッカケ、どのように書いたのか、などなど・・・ 気になることを全て伺わせていただきました! 清水みさとさんの人生観・価値観が詰まっている本になっておりますので、 ぜひ番組をご覧の皆さん!ご覧になってみてください!!

【新刊】「サウナのぷりンセス 」清水みさと 

11/1 発売中!初版完売御礼!

10/11 19:00〜 BOOTH 虎鶫サイトにて先行発売中!

https://toratsugumi.booth.pm/items/4168400

toratsugumi.booth.pm

 

人生、熱すぎるのは、サウナだけで充分。 冷たすぎるのは、水風呂だけで充分。

サウナのぷりンセス/清水みさと

清水みさとの初の著書「サウナのぷりンセス」を11月1日(火)に吉田アミのレーベル「虎鶫」から発売。発売に先駆けて、BOOTH虎鶫サイトより先行予約・販売開始! 先着200部には特典も!  完売しました!ありがとうございます!

https://toratsugumi.booth.pm/


著書初の書籍はまさかのサウナ私小説!?
サウナから30歳の女性が新たな自分を発見する。わたしたちはどこにだってどこへでもいける。自ら決めて、自らの道を切り開くことができる。第一弾の「酒場のぷりンス」に続く第二弾はまさかのサウナ小説!? 誰もがプリンスにもプリンセスにもなれる。 

【あらすじ】

 毎日のようにサウナに通う主人公みさとは一人きりで早朝のサウナにいた。まだ寝ぼけた皮膚が一生懸命、汗を出している。じわりじわり。控えめな玉の汗が汗腺から遠慮がちに顔を出し、ちょっとずつ育っていく様子を健気だなぁ、とぼんやり見つめる。でも、どうして、隣り合う汗の粒は、均一な距離感を保っているんだろう? サウナの内と自分の内は似ている。外に出て水風呂に飛び込む。内/外。自己と他者の距離感。みることとみられること。感性豊かなみずみずしい文体で描かれるサウナの描写や体調の変化はサウナ好きにも新たな発見があるだろう。いつも新しいことに挑戦していこうとする大胆さとうまくいくだろうかと戸惑う臆病さ。すべての悩みはサウナで解決できる!

清水 みさと(しみず みさと)

女優、タレント。サウナ好きが高じて、いつの間にかサウナの人に。日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」のモデル、ラジオ「清水みさとの、サウナいこ?」(AuDee/JFN全国21局ネット)のパーソナリティー、TBS「世界ふしぎ発見!」のミステリーハンターに挑戦するなど、多方面で活躍中。365日、サウナ通いを続ける毎日。

著者コメント

 読むのは好きだけど、ほぼ書いたことのない私が、本を出すことになりました。

「嬉しいこと、楽しいことばっかり書こう」と言ってもらい、それだったら私にもかけるかもしれないと思ったのです。なのでこの本は、ありったけの嬉しさ、楽しさ、好きなことでいっぱいです。

 サウナに通い続けて11年。気づくとサウナは私を想像もしないところへ連れて行ってくれていました。そんな私のサウナ人生。本に書いた出来事は全部ちょっとしたことだけど、全部思いっきり、よろこんで、うれしがって、毎日ほどよく適当に、楽しく生きた「今」の私の全てです。

 肩の力が抜けていくように、たくさんの大丈夫が、あなたへ、月までも、どこまでも広く届きますように。

 

虎鶫(トラツグミ)とは?

吉田アミが運営する出版、音楽レーベル。リトルプレスとしては、企画から編集、制作にいたるまですみずみまでフォロー。著者と一体になる熱血スタイル。第一弾は星葡萄a.k.a.ぷりの「酒場のぷりンス」。イベントでの即売会を中心に販売し、たくさんの読者に本を届けるべく、本屋だけに限らない販路を日々、開拓し、新しい出会いの場を求め続けている。

 

書籍概要

<仕様>
A5・64ページ

サウナのぷりンセス
2022年11月1日 初版
著者 清水みさと
企画編集 𠮷田アミ
写真 添田康平
挿画 タナカカツキ
提供 Sauna Camp.
装丁 hitachtronics
本文組版 戸塚泰雄
営業 ぷり a.k.a. 星葡萄
発行 トラツグミ出版
URL:https://toratsugumi.booth.pm
Twitter:虎鶫(トラツグミ) @toratsugumipr

 

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】

虎鶫(トラツグミ)MAIL:toratsugumi.press[at]gmail.com

山形heso、2022年9月2日(金)酒場のぷりンス山形編開催

 
画像

山形hesoとは

画像

母体から多くを受け取りながらも、そこから外へ生まれるために臍の緒があり、その形跡が「へそ」。同様に、Yamagata Heso Alternative Roomは、自分の世界を決めつけ籠るのではなく、外へ出るためのアトリエです。展示、食事会、イベントなどを主に行っています。それぞれが生活、活動している環境から得たものを持ち寄って、何か1つでも新しいことが生まれることを期待しています。

名前:heso yamagata
住所:990-2433 山形県山形市鳥居ヶ丘1-5
連絡先:heso.yamagata@gmail.com
InstagramID:@yamagata_heso

画像

2022年9月2日(金)酒場のぷりンス山形編

吉田アミ×上野雄次ライブ

オープン 16時30分
スタート17時30分
クローズ19時(その後会場内での打ち上げとなります)
参加費:3500円(ライブ&トークショー+打ち上げ参加費込み)
予約:下記のメールアドレス宛にご連絡いただくか、フォームよりお申し込みください
heso.yamagata@gmail.com
https://docs.google.com/forms/d/1xpPOfE4nn5ajQ2zixzb6QV_U4zZtMa0RpP8Nch4EFSs/


第一部 酒場のぷりンストークショー

吉田アミ×ぷりa.k.a星葡萄 17時30分〜18時

第二部 ライブ

吉田アミ×上野雄次 18時15分〜18時45分

いつもライブでは酒場のぷりンスの本の中に書かれている文章を朗読で読んだりしてます。
朗読+今回トラツグミの企画編集している吉田アミさんと、山形ビエンナーレにも参加する上野雄次さんの初即興ライブを企画しました。
お二方はYouTube番組ぷりさんぽでのゲストでも登場いただいたり、やりたかった企画でもありました。

星葡萄さんコメント

出演者プロフィール

ぷり a.k.a.星葡萄(ほし ぶどう)

画像

オーガナイザー、DJ、イラストレーター、食文化ライターなど複数の顔を持つマルチクリエーター。浅草橋「天才算数塾」主催。「天才算数塾」ではフリースペースとして運営する他、展覧会、イベント、本の出版、音楽レーベルなど、さまざまな企画も行っている。過去にはイラストレーターで画家の黒坂麻衣の画集「Silent Landscape」の企画、出版に携わる。同書は好評につき、2021年には再販された。シンガーソングライターの柴田聡子の1stアルバム「しばたさとこ島」のCDや大谷能生×川染喜弘の「サウンドアート」をカセットテープでリリースするなど、柔軟な活動の形態を模索中。2011年に『美術手帖』(美術出版社)の運営するギャラリー「BT gallery」で初の個展を開き、作家デビュー。2015年から2019年まで『文藝』(河出書房)の表紙イラストを担当。著作に「浅草橋天才算数塾 わたしの天才生活」(天然文庫)、絵本作家として、ほしぶどうの名義で「おかおみせて」(福音館書店)を出版。2023年にめでたく活動20周年を迎える!

レコード会社「midiinc」YouTubeチャンネルにて、ディープな散歩番組「ぷりさんぽ」を配信中。
Instagram:budo_hoshi

吉田アミ

画像

音楽・文筆・前衛家。1990年頃より音楽活動を開始。2003年にソロアルバム「虎鶫」をリリース。同年、Utah KawasakiとのユニットastrotwinとSachiko.MとのユニットcosmosのCD「astrotwin+cosmos」がアルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。文筆家としても活躍し、小説やレビュー・論考を発表。著書に「サマースプリング」(太田出版)、小説「雪ちゃんの言うことは絶対。」(講談社)がある。
・ブログサイト https://amiyoshida.hatenablog.com/
twitter @amiyoshida

上野雄次 Yuji UENO

画像

道家/アーティスト
1967 京都府生まれ、鹿児島県出身。
東京都在住。

1988 勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。
国内展覧会での作品発表の他、バリ島、火災跡地など野外での創作活動、イベントの美術なども手掛ける。
2005〜「はないけ」のライブ・パフォーマンスをギャラリーマキ(東京)で開始。
地脈を読み取りモノと花材を選び抜いて活けることで独自な「はないけ」の世界を築き続けている。
創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。
東日本大震災の年より花によるバトルエンターテイメント「花いけバトル」を主催 現在もバトラーとして参戦している。
全国各地での芸術祭への参加多数。

クライアントワークではコムアイオオルタイチによるプロジェクト『YAKUSHIMA TREASURE ANOTHER LIVE from YAKUSHIMA』のアートワークを担当屋久島のガジュマルの森に苔の舟を出現させた、この作品は2021カンヌ国際広告祭にて銅賞に輝いている。

他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多数。

青葉市子、コムアイ斉藤工、スガダイロー、中村達也一青窈山下洋輔矢野顕子Arto Lindsay (アート・リンゼイ)、Jeff Mills (ジェフ・ミルズ) 、他多数

著書
Japanese IKEBANA for every season (Tuttle社)他フランス語版・イタリア語版
花いけの勘どころ (誠文堂新光社) 他台湾版・中国版・英語版


出演
NHK あさイチ
TED Tokyo https://youtu.be/hl1Tx5kWOu0
https://youtube.com/channel/UCfSRnb9wcCh_4jfBNw3hLQQ
https://www.instagram.com/ug_ueno

吉田アミ、か、大谷能生+UCNV

吉田アミ、か、大谷能生+UCNV のライブ映像をYuoTubeに公開しました!


www.youtube.com

 

「酒場のぷりンス」発売記念ツアーイベント

2022年6月27日(月)18:00open/19:00start

会場:Bonjour! 現代文明

住所:〒604-0906 京都府京都市中京区新烏丸通竹屋町上る東椹木町121 https://www.bongenbun.com/

 

朗読:吉田アミ大谷能生

映像:UCNV

テキスト:「酒場のぷりンス」ぷり a.k.a.星葡萄、「monotone」吉田アミ、か、大谷能生

 

幽霊も参加。おわかりいただけただろうか。

osorezan Release/Commune  Disc 23th Party

osorezan Release/Commune  Disc 23th Party

2022/7/30/sat. 
op/st19:00~

at 落合SOUP
DOOR:2000Yen/w1d

act.
Kyosuke Terada

Tetuzi Akiyama

Nobuki Nishiyama

Yousuke Fuyama(DJ) 

Toshimaru Nakamura+
Yasufumi Suzuki+
Jin Harada

Okura Masahiko + Ami Yoshida 

Food:Ccurrytronica