吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

「サマースプリング」吉田アミ

f:id:amiyoshida:20100616012845j:plain

サマースプリング [文化系女子叢書1]

サマースプリング [文化系女子叢書1]

 

 自分が想像できる、一番、酷いことをしなくてはならない。

1989年。80年代最後の年、平成元年。昭和天皇手塚治虫松下幸之助……神々は死んだ。10年後に世界は終わるはずだった。携帯電話もインターネットもなかったあの頃。偏差値と管理教育といじめに脅かされる名古屋の中学1年生の日常なんて、退屈で貧弱で無価値で絶望的で、どうしようもなくノーフューチャーだったんだ!!! ヴォイスパフォーマー/ブロガー/前衛家として活躍する吉田アミが経験した地獄の一季節のドキュメント。真っ当で、ラディカルで、キラキラ。時代の閉塞と被害者意識の瀰漫と日本語文学の停滞を打ち破るアヴァンギャルドヤングアダルト・ノンフィクション。

f:id:amiyoshida:20190206101644p:plain

Quick Japan』『hon-nin』掲載広告

f:id:amiyoshida:20190206101431j:plain

1976年から平成終わりの年表。

f:id:amiyoshida:20190206101543j:plain

出版記念トークイベントの資料。

f:id:amiyoshida:20190206101733p:plain

刊行の辞。





 

 

あしたのあたし・本公演へむけて+#tbk_yuko・出版記念パーティ

星葡萄(旧・セクシーキラー、DJぷりぷり)くんのご協力の下、こんなイベントがあります!

f:id:amiyoshida:20190208084612j:plain

ミニスキュル・シングス(吉田アミ+立川貴一)プレゼンツ 「あしたのあたし」本公演へむけてのパーティ + Yuko Nexus6「#tbk_yuko」出版記念パーティ

2019年2月16日(土曜日)17時〜20時

会場: 天才算数塾(東京都台東区浅草橋2-5-8)

*会場では星葡萄(旧・セクシーキラー)による,『文藝』(河出書房新社)2015年秋号から2019年春号までの約4年間におよぶ装画と挿画の集大成となる原画展が12時より行われております。
また、終了後の20時からはDJささきあきらによる原画展クロージングパーティあり。ゆっくりしていってください。

入場料1000円 + 1 ドリンクオーダー

menu:
「あしたのあたし work in progress」2018.11.3 三鷹SCOOL記録映像上映

・『あしたのあたし』本公演用のテキスト朗読(三宅里沙、YukoNexus6)

Yuko Nexus6の闘病記(双極性気分障害乳がん)を綴った「#tbk_yuko」(ぶなのもり刊)の出版記念即売会&サイン会

YukoNexus6による素人バーテンダーカクテル(300yen)販売。あなた好みのレシピで

かえるさん(細馬宏通)のお歌
and more!


やりたいというよりも、やらざるを得ないことが人生のなかには必ずある。
2018年11月3日にワークインプログレスというかたちで、ほぼ話したことがない相手を演出助手に加え、寝食を共にし、24時間寝てる以外は製作していない時間はないままの期間14日、稽古3回、構想5年、制作費20万円で大赤字、出来はまだ4割!という悔いを残したままの作品です。あたしたちにあしたが来るよう、これは製作費のカンパ&協力を募るパーティーです(ミニスキュル・シングス)

躁の波、鬱の波……数々の波を乗り越えて苦節4年! ようやく刊行の運びとなったニュー(乳)がんフォトエッセイ「#tbk_yuko」のお披露目です。たっぷり240p、大判A4で2800円! ぜひこの機会にお手にとってください(Yuko Nexus6)

 

f:id:amiyoshida:20181230191516j:plain

English info. bellow
minuscule shings —Ami Yoshida+Kiichi Tachikawa — presents
"Ashita no Atashi--I in Tomorrow" fundraising party
+
Yuko Nexus6 new book “#tbk_yuko” release party

2019.2.16 Saterday 17h〜20h

at TensaiSansuJyuku(2-5-8 Asakusabashi, Taito, Tokyo, Japan)

*This venue opens at 12:00pm for an exhibition of artwork from “Bungei” magazine.
2015-2019 by Hoshi Budoh (ex. Sexy Killer) .
This venue opens at 12:00pm for an exhibition of "Bungei" magazine cover art from 2015 to 2019 by Hoshi Budoh(ex.SexyKiller).
After the fundraising party, Akira Sasaki DJ dance party starts. Please join us!

Price: at door 1000yen + 1 drink order


menu:
「Ashta no Atashi work in progress」2018.11.3 SCOOL, Mitaka screening

Readings from Ashita no Atashi by Risa Miyake and YukoNexus6

Yuko’s brand new book “#tbk_yuko” presentation and sale!

Amature bartender cocktail (300yen) by YukoNexus6

Karen-san(Hiromichi Hosoma) sings a song
and more!

There are things we have to do, not only things we “want to do" in our lives.
On November 3, 2018, the work "Ashita no Atashi - I in Tomorrow" was shown. It involved 24 hours of work (except sleeping) for 14 days, only 3 rehearsals, 5 year of planning, a budget of 200,000 yen (almost bankrupt), and yet still only 40% of the work is done! I want to show my work in its entirety to all of you. I would love for you to join our fundraising party. by miniscule shings

Manic waves and waves of depression .... Beyond a lot of waves, I finally announced my photo essay collection about my breast cancer and bipolar disorder "# tbk_yuko". It took 4 years! 240 pages, A4 size art book, 2800 yen! Please check it out and purchase. by Yuko Nexus6

 

11月3日のワーク・イン・プログレス公演を見逃したみなさん、こんなパーティがあります。当日の記録映像上映と算数塾Ver.のパフォーマンス(三宅里沙、Yuko Nexus6出演)、ホソちゃんことかえるさんこと細馬宏道さんによるライブも!会場では星葡萄(旧・セクシーキラー)による,『文藝』(河出書房新社)の原画展も楽しめます。イベント終了後の20時からはDJささきあきらによる原画展クロージングパーティあり。もりだくさんすぎる内容になっておりますのでぜひ、遊びにきてください〜!

 

www.facebook.com

声を呼び覚ます 林其蔚(リン・チーウェイ)、王虹凱(ワン・ホンカイ)

TPAMのこれ出ます〜。


https://www.tpam.or.jp/program/2019/?program=artwave_ncaf

 

声を呼び覚ます

林其蔚(リン・チーウェイ)、王虹凱(ワン・ホンカイ)

Kosha33(神奈川県住宅供給公社)
〒231-8510 横浜市中区日本大通33Map
2.13 Wed 17:30 / 20:30
上演時間 60分
オーディエンス

¥2,000(要予約)

プロフェッショナル

TPAM参加登録者特典:¥1,000(要予約)

 

主催:財団法人国家文化芸術基金会(台湾)

 
 
 
Photo by Yannick DAUBY

台湾のローカルな歴史や文化をモチーフとしつつ、リン・チーウェイ『テープ・ミュージック』(ディレクション足立智美)とワン・ホンカイ『サザン・クレアオーディエンス』の両作品は、社会に於ける「集団」や「連帯」の意味を問いながら、それらをサウンド・ポエトリーやインプロビゼーションの文脈で解釈していきます。コラボレーター達とワークショップを行い、共同作業で作品を作りあげていきます。忘れ去られた歌や声の記憶を呼び覚まし、未来へ向けて開いていきます。 キュレーター:恩田晃

林其蔚(リン・チーウェイ)、王虹凱(ワン・ホンカイ)

林其蔚(リン・チーウェイ)と王虹凱(ワン・ホンカイ)は音にまつわる作品を作り出す台湾のインターメディア・アーティスト。林其蔚は、台湾固有の文化、ノイズ音楽、儀式、観客参加を制作に取りいれてきた。王虹凱のリサーチ・ベースの制作は、言語、観念、アイデンティティーなどを問いながら、それらの生み出す絶え間ない軋轢を考察する。

お問い合わせ
artwave@ncafroc.org.tw

寄稿しました!『漫画家本Vol.10 浅野いにお本』

comics.shogakukan.co.jp

 

漫画と漫画家を徹底解剖する!! 

〈語り下ろし8万5千字!〉
浅野いにおロングインタビュー(聞き手・島田一志)

〈対談〉
浅野いにお×江口寿史

〈未収録コミック掲載〉
「Can’t Be Forever Young」
「日曜の午後はいつも曇り」

〈口絵・カラーページ〉
名場面ギャラリー
仕事場紹介

〈作品論〉
田口囁一(『ソラニン』作品論)
吉田アミ(『うみべの女の子』作品論)
宮沢章夫(『虹ヶ原 ホログラフ』作品論・インタビュー)
吉田大助(『おやすみプンプン』作品論)
ばるぼら(『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』作品論)

〈コラム・エッセイ〉
伊坂幸太郎
鳥飼 茜

スペシャルゲストによるイラスト&メッセージ〉
松本大洋
花沢健吾
ゴトウユキコ
押切蓮介
ふみふみこ
真造圭伍
真鍋昌平
山本さほ
横槍メンゴ
山本英夫

〈資料〉
浅野いにお全単行本解題&未収録作品リスト(島田一志)

 というわけで、浅野いにおの「うみべの女の子」作品論「ぼくらの残酷で平坦な日々。を殺す。」を寄稿しました。

 

「自分が誰かに影響するなんて考えたこともなかった」ゼロから創り出すことができない世代の悲しさと強み

ちゅーことで、山本直樹の「YOUNG&FINE-うみべのまちでぼくらはなかよしだったか-」との比較が書けてよかったです。どこかでずっと書きたいと思っていた!漫画家本シリーズなんだかんだで三本目です。これだけ一気に書けたのは生まれてはじめてじゃないのかレベルでスルスル書けました。すべては小梅の「ねえ、磯辺。してもしても何か足りないような気がするのはなんでだと思う?」集約されているのだと思います。

 

「零落」というこれもまたすさまじい作品があるのですが、直接的に触れることはなかったのですが、作家に対する読者の「作品を生む機械であってほしい」(わたしが実際、昔、言われた言葉です。いまなら気にしないけれど、当時はなぜそんなことを言われなくてはならないのか、どういう意味なのか散々、悩んだり考えたりしました)という、生きて傷ついている人間である自分と作家の自分が引き裂かれる、地獄のような話。

 

今日発売です〜!

今年のX’masもLayerQとハッピーに!トークライブ #003 at 新宿Naked Loft

www.youtube.com
今年もお手伝いしてきました! 裏方でしたが地味に照明やったり、飾り付けしたりしてました。ハッピー感、ハンパない。Q宣教師として、人々を導いてほしいですね。在る意味わたしも立派なQ教信者です。

f:id:amiyoshida:20181230185724j:plain

フリースタイル41 THE BEST MANGA 2019 このマンガを読め!

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81hhiWX-oxL.jpg

 今年も書いてます!!!