吉田アミの日日ノ日キ

吉田アミが書きました。

パンダ歳時記 vol.2 重陽の宴

パンダ歳時記 vol.2 重陽の宴

パンダ歳時記 vol.2 重陽の宴

令和元年9月9日(月曜日) 重陽節句に菊酒を傾けながら楽を愉しむ宴を催します。

出演:𠮷田アミ Ami Yoshida(voice)、池田陽子 Yoko Ikeda(viola)、増井彩 Aya Masui from 滋賀 Shiga pref.(free style performance)、YukoNexus6(piano)

8pm open/start
2000yen with 1 sake or tea
入場料に菊酒一杯、または台湾茶がつきます。

 

 
円盤
〒166-0003 杉並区高円寺南3-59-11 五麟館ビル2F
 
 
 
パフォーマンス・イベント会場
 

03-5306-2937

<出演者profile 1 Yuko Nexus6>

パンダ歳時記企画担当。前回は七夕パーティでしたが、今回は飲み会幹事のつもりで頑張ります。𠮷田アミさん、池田陽子さんなど、大好きな即興演奏家の方々とのコラボも楽しみ! 滋賀からの刺客:増井彩さんを、みなさまにご紹介できるのも喜びであります。

------
遠足家、テレビ廃人、サウンドパフォーマー。 DJ、クロッキーモデルなど承ります。

1964年大阪生まれ。90年代よりフリーライターとして活動。95年に西海岸のチラシ文化を紹介した「FLYERS California」(ぶなのもり)、macで音楽するためのレシピ本「Cyber Kitchen Music」(翔泳社)を刊行。同時に、パフォーマンスや音楽活動も始め、現在に至る。フィールドレコーディングや人々の声、言語、朗読などを愛する。

受賞歴:ソロCD「Journal de Tokyo」(sonore.com)にて 2003年度アルス・エレクトロニカ、デジタルミュー ジック部門 Honorary Mention

2019年2月、自らの乳がん体験や精神疾患を綴ったビジュアルブック「#tbk_yuko」をぶなのもり(bunanomori.jp)より刊行。

YukoNexus6: Host of this series event of Enban, Koenji.

She likes excursion, TV, sound, field recording, foreign language, spoken words, cat and panda!

Born in 29 dec. 1964, Osaka, Japan.

Books―“FLYERS California” from bunanomori.jp and “Cyber Kitchen Music” from Shoeisha, 1995
CDs― “Journal de Tokyo” from sonore.com 2002. Are Electronica Honorary mention in Digital Music 2003. She released 6 solo CDs from sonore.com , YukoMariko and others.

She got breast cancer 2013. A book about her experience “#tbk_yuko” is now on sale from bunanomori.jp ― partly in English.

photo by Kiko Nú

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

 

<出演者profile 2 池田陽子 Yoko Ikeda>
略歴
東京で活動するバイオリン、ビオラ奏者。
幼少よりクラシックヴァイオリンを始め 
、20代半ばからバンド活動を開始、その後即興音楽に出会う。
現在は即興演奏を活動のベースとしながら、現代の実験的な作曲作品を演奏するSuidobashi Chamber Ensembleの一員としても活動する。その他、劇や朗読との共演、サウンドインスタレーションでの演奏など多岐にわたって活動中。
「陽子」の由来は快晴の日に生まれた為であるがハレ女ではなく、やや曇り女である。陽の重なる日の宴の空は、これ如何に。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、演奏(複数の人)、室内

 

<出演者 profile 3 𠮷田アミ Ami Yoshida>

𠮷田アミ(よしだ・あみ)

音楽・文筆・前衛家。1990年頃より音楽活動を開始。

2003年にソロアルバム「虎鶫」をリリース。同年、Utah KawasakiとのユニットastrotwinとSachiko.MとのユニットcosmosのCD「astrotwin+cosmos」がアルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。90年代から00年代にかけて世界的なムーヴメントとなった、いわゆる「音響」的音楽のオリジネイターの一人。

文筆家としても活躍し、小説やレビューや論考を発表。著書に「サマースプリング」(太田出版)、小説「雪ちゃんの言うことは絶対。」(講談社)がある。

楽家で批評家の大谷能生との「吉田アミ、か、大谷能生」では、朗読/音楽/文学の越境実験を展開。立川貴一との演出ユニットミニスキュル・シングスではYuko Nexus6の実体験を元にした「あしたのあたし」や立川を主役に自身の自伝的小説「サマースプリング」を舞台化。「サマースプリング」は海外翻訳版や堀江実監督によるドキュメンタリー映画の公開も控えている。

http://minusculeshings.me

 

吉田アミ

吉田アミ

<出演者 profile 4 増井彩 Aya Masui>

増井彩

藝術家。

2006年に東京藝術大学入学。在学中は、身体の強烈なインパクトに興味を持ちパフォーマンスを数多く発表。
その後、劇場やライブハウス、ギャラリーや美術館などで、絵画・インスタレーション・映像・演劇・音楽と表現の幅を広げた作品を発表。

2014年、ジャルジャル倉本美津留のコント会議の一般スタッフ枠で舞台美術担当とあっぷくライブの出演経験あり。
ジャンルに拘らず、アート=生活といったスタイルで現在も自由に活動中。

Ftarri 7周年記念:声と装置 吉田アミ (ヴォイス) + すずえり (装置) Live


Ftarri 7周年記念:声と装置 吉田アミ (ヴォイス) + すずえり (装置) Live

撮影:細田成嗣 Ftarri 7周年記念ですずえりさんとのデュオです。ひさしぶりに循環呼吸も披露。身体を動かすことで声の出し方が変わるという発見からまたヴォイスが面白くなってきたー!っていう感じです。相変わらず殺気立ってますね。

Ftarri 7周年記念:声と装置(表)

Ftarri 7周年記念:声と装置(表)

Ftarri 7周年記念:声と装置(裏)

Ftarri 7周年記念:声と装置(裏)

 

YukoNexus6のお引越し記念Live! Performance at ftarri, Tokyo



YukoNexus6のお引越し記念Live! Performance at ftarri, Tokyo

 

撮影・編集:堀江実 Yukoさん&かえるさんの東京引っ越し記念ライブ。ミニスキュル・シングス名義ではないのですがふたりとふぁーろんも出演したライブです。会場の照明や場作りなどの演出を立川貴一が担当しました。家から畳を持っていったり、会場にある椅子や照明を使ったり。いつものFttariとはがらりと雰囲気を変わり、Yukoさん&かえるさんの新居にお呼ばれしたような気持ちになったらいいね〜というとてもほっこり案件。

YukoNexus6のお引越し記念Live! Performance at ftarri, Tokyo

YukoNexus6のお引越し記念Live! Performance at ftarri, Tokyo

 

Ftarri 7周年記念:声と装置

f:id:amiyoshida:20190802124839j:plain

f:id:amiyoshida:20190802124941j:plain

8月4日 (日) 午後7時開場、7時30分開演
『Ftarri 7周年記念:声と装置』(チラシ おもて / うら)
田上碧 (ヴォイス) + 正直 [時里充 + 小林椋] (装置)
中村ゆい (ヴォイス) + 大城真 (装置)
吉田アミ (ヴォイス) + すずえり (装置)
料金:予約・当日ともに 2,500円 (予約はポイント10倍)
主催:細田成嗣
来場様全員にFtarri 7周年記念の Straytone ソロCD『Exploration Exploitation Exploration』を無料進呈
この日のお店の営業時間は、午後5時から7時までとなります。

葬儀屋と坊さんが話す幽霊っているの? あの世って何?

生きても大変だし死んでも大変だよ、でもきっとなんとかなる!

https://rooftop.cc/interview/190605174738.php

葬儀系YouTuberという異色の肩書きの一級葬祭ディレクターの佐藤葬祭の社長・佐藤信顕さんにインタビューしました! すでに記事になっております!

「亡くなって病院からお家に連れて帰って斎場でお葬式をして火葬するまでの全部をやるのが葬儀屋の仕事」と語る、一級葬祭ディレクターの佐藤葬祭の社長・佐藤信顕(さとうのぶあき)。死のプロフェッショナル、いわゆるおくり人の仕事とはなにか。常に死と向き合い続けなければわからない死への疑問を誰にでもわかりやすく説明するYouTubeの「葬儀・葬式チャンネル」が人気だ。葬儀系YouTuberという異色の肩書きを持つ佐藤さんにお話しをうかがった。[聞き手:吉田アミ/構成:小柳元,石川美帆(Naked Loft)]

併せて(もう明日ですが……)ネイキッド・ロフトの昼の部でイベントの企画と進行やります〜。すでに予約で満席のようですがご興味のある方はロフトにお問い合わせ下さい。当日券も少しはご用意できると思います! 佐藤さんの初の著書の発売記念なので終了後、販売&サイン会も行いますよ。

生きるのも死ぬのも大変だよ! 生きづらを感じる方にこそ来てほしいトークイベントです!

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/naked/119108

6/22(土)

昼の部

葬儀屋と坊さんが話す幽霊っているの? あの世って何?

 

OPEN 12:30 / START 13:00

前売¥1500 / 当日¥2000 ※1オーダー必須(¥500以上)
※前売券はイープラス5/22(水)より発売開始!
※またはウェブ予約にて受付中!!
※ご入場順はイープラス→ウェブ予約となります。

チケット予約

葬儀屋と坊さんが話す幽霊っているの? あの世って何?(仮)

【出演】佐藤信顕(葬儀葬式ch)、本多清寛(泰陽寺 副住職)
【聞き手】吉田アミ

登録者5万5千人、日本一の葬祭系Youtube「葬儀葬式ch」の一級葬祭ディレクター佐藤信顕と、曹洞宗泰陽寺副住職兼、新宿二丁目で強気で可愛いお姉さん達相手に坊主bar元店長だった本多清寛が二人で喋って喋り倒す。「葬儀屋とお坊さん」の明るくて本気で為になる「幽霊はいるのか?」「あの世はあるのか?」っていう噛めば噛むほど味が出るトークライブ。滅多にみられない現役葬儀屋と現役僧侶の滅多にみられない本音の本気トーク

 発売記念イベントです!

遺体と火葬のほんとうの話

遺体と火葬のほんとうの話

 

「ミニスキュル・シングス」ライブ映像


ミニスキュル・シングス:吉田アミ + 立川貴一

2019年6月2日(日)水道橋Ftarriで行われたPlayです。 Text.カゲヤマ気象台「シティIII」