読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログの書き方、忘れました

日記

メール、レジュメ、レポート、原稿、Twitterと日々、何かしら文書を書いているせいで、ブログをまったく更新しなくなってしまいました。はっきりいって、メンドクサイ!んですよね。はてなが。重いし。デザインも変えたいけど変えるのメンドクサイし。もう、何から何まで良い感じにやってくれるITスタッフが欲しいです。ドメインをとるとかとらないとかそんな話もすべて流れました。何もかもメンドクサイのです。できればぼんやりしていたい!

しかし、そういうわけにもいかないので、リハビリを兼ねて無理やり書いてみよう!と思ったのが今から書くエントリーです。

まーなぜ、メンドクサイかといえば、ほかのことが楽しいからです。ブログを書くことにモチベーションが見出せないのです。ブログを書いて得したことが、かつてあったでしょうか。たぶん、あったと思うが、それ以上にメンドクサイことのほうが多かった気もします。しかし、今となってはこのブログもほとんど人が見ていない過疎ブログ。むしろ、自由に書くのもいいかもしれません。でも、自由って何さ。好きなことを書くくらいなら友達と飲みに行きたい今日この頃です。

おもに何をしているかといえば、去年、完全にフリーダムになったのでお金がないので自炊をしたりしつつ、今年こそは花粉に負けないぞ!と勇んで漢方医の門を叩いたら全アレルギーでまくりだったのが漢方の力でめきめきと治り、なぜか体調も良くなり、精神的にも安定してきて、仕事量も増えた一方でお金にならないけど死ぬまでにどうしてもやりたいことを次ぎつきと精力的にやり、その成果が目に見えてきた!という感じ。とはいえ、まだまだぜんぜん自分としては満足しておらず、さらに仕事量を増やさねばともがいている次第。オールオッケーで仕事を請けまくっていたら去年の3倍くらいいろいろやっていた。去年の私は何をやっていたんだろう。いや、ここ数年、私は何もしてなかったのではないのか?はて?と思い返してみたら、会社に勤めていたので仕事量が少なかっただけだった。そう考えると相対的には仕事量、減ってないか?目に見えてお金がなくなっているのがその証拠だがしかし、もともと貧乏に耐性があるので、いがいと平気であったりする。決定的だったのがほとんど外食をしなくなったらめちゃくちゃ体調が良くなってきたという事実。恐ろしい。私は今までどんな毒を食っていたのか。たぶん、食べ物のアレルギーもなんやかんやあるっぽいんだけど調べていないのでよくわからない。ワインで悪良いするのは別にアレルギーではないはずだ。

まあ、不健康自慢ほど聞いてて虚しい話もないが、事実として述べたまで。ただいま、健康なのだから良いではないか。

大きな転機としては、手帳を買ったことだ。それまでgoogleカレンダーを使っていたのだが、どうにもドタキャン、ニアミス、ダブルブッキングが増えてきて落ち込んでいたとき、忙しくしている友達から手帳を持つべし!と進言されたのであった。口頭でスケジュールを決めるとき、手元にPCがないからとてきとうに答え、あとでダブルブッキングというまぬけが続くと、手帳の便利さが身にしみる。手帳、電源なくても使えるからね!便利すぎる!惜しむらくは自分の字が汚すぎるということだけだが、それも「ゴー!ゴー!ミッフィー展」で購入した、ボールペンの書き味がすごぶる良く、私をごきげんにさせてくれるため、苦痛ではなくなってきた。

あらゆる白紙にメモる。スケジュールを今日の献立を必要な食材を。そして、忘れる。計画、予定、実行。計画、予定、実行。仕事、〆切、打ち上げ。仕事、〆切、打ち上げ。準備、本番、終了。準備、本番、終了。日々はその繰り返しで過ぎていく。事実となった過去が累積していき振り返る間もなく、次の朝が訪れる。永遠のチョコレートバーとはこのことなのか。たしかに悪くはない。単調は心の平穏を約束してくれる。

ここのところ、眠ると奇妙に楽しい悪夢を見る。頭が疲れているときにいつもこうなる。ここのところトークイベントが続いているので、頭の中にぎゅうぎゅうにデータが蓄積され、それがまた、ジャンルがばらばらなので、疲れてしまうのだと思う。こういう疲れ方は嫌いではない。むしろ、好きだ。何かがこんがらがって混沌としていると、不意に無意味に思えた物事が繋がる錯覚に陥る。それは妄想にすぎないのだが、案外と外していない予言のようにも思える。感覚から感覚へ横滑りに繋がり、立ち消えていく。誤解と錯覚。ひらめきと発見。直感と共感。そんなことが続いていたら、なぜかほとんどテレパスのようになってきて、トランプのカードの裏が見えるようになってきた。神経衰弱ですべてのカードを開き当てる。ちょうど、今。いいところに。いま、さっきまで。いまから行こうかと。まさかここで。なんでそこに。偶然?必然?不思議な巡り会わせが続く。

ああ……たぶん、それが伝えたかったんだ。でも、それっていったい何のことだろう。わからなくなって、深く考えることもでき・ない。





復活の日 ふつかの日 二日月 不束宵 質草

ジタイ は 淡々 と 歩のです

くらく 泳ぐ 覚束ない 不確か

せいりつ 声量 期目毎 相律


それも ぜんぶ すべて 1トラックで できている 1トラックで成立する
1トラック、でだ
それだけあればじゅうぶんで それいじょうの 充足を求めるなら
1トラックさえも 与えられない 許されない

あきらめがかんじん























































こんな感じでよかったんだっけ……?